スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

雫井脩介さん/「栄光一途」

 2005-06-08-08:14
雫井脩介「栄光一途」

雫井脩介さん、初読みです。柔道界というあまり馴染みのない世界がモチーフとなった作品。新二と信司。シンジ。ドーピングを行っているのは誰?

amazonのレビューより引用。
男子柔道81kg級のエースが薬物汚染。頻発する一撃必殺の通り魔事件―。若き女子コーチ・篠子は極秘裡に真相究明にあたるが、その正義感に迷いが生じる。そもそも、柔道は武道かスポーツか。善悪の基準は何か…。渾身の巴投げ、襲いかかるバーベル、絶体絶命のピンチ。「最強」を目指す者たちの野望が火花を散らし、筋肉の鎧が軋む!第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞。


主人公の女子柔道コーチ・望月篠子の性格付けが若干弱かったり、鬼平マニアの友人女性剣士・佐々木深紅は幾分漫画的ではある。統一された主人公のイメージがあまり浮かんでこないし、どちらかというと友人・深紅の方のキャラが立っている。嫌いじゃないけど、深紅の「ちぇすとおおうっ!」は、私はやっぱり漫画的に感じてしまう(それとも、私が剣道のことを知らないだけ?)。後、最後、大変派手です。こんなことしなくても良かったのに、と思わないでもない。

歌野晶午さん程には気持ちよく騙されなかったけれど、もうちょっと他の作品も読んでみようかなあ、と思います。ちょっとまだ、この作家さんの評価が自分の中で定まらない。力量は感じました。

この「栄光一途」第四回新潮ミステリークラブ賞の受賞作とのこと(内流悠人名義であり、名前が異なるようですが)。巻末に付いていた選者の評も興味深かった(これは候補作全てに対するもの。私が感じたことと、同じ事を書いてらっしゃる方もおられました。選者は乃南アサ、桐野夏生、馳星周、奥泉光氏)。

著者: 雫井 脩介
タイトル: 栄光一途

*私が読んだハードカバーを載せておりますが、幻冬舎文庫でも同じものが出ているようです。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/993-23fdb3da
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。