スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「魚の名前」/さかな

 2005-07-05-08:18


川崎洋、田口哲写真 「魚の名前」 いそっぷ社

表紙に惹かれて借りてきた。お寿司屋さんの魚の名前がずらずら書いてある、大振りの湯呑みには憧れたものだった。魚偏いくつ読めるか?とか楽しかったなぁ。


この本は魚をめぐるお話。「はじめに」から著者の言葉を引用します。

ずーっと潮風を呼吸してきたわけで、海釣り大好き、魚食べるの大好き、水族館大好き、魚をめぐる本にも好んで目を走らせてきました。その好きがつのって書いたのがこの本です。加えて自身の詩ほか、たくさんの魚をめぐる詩・短歌・俳句・川柳他を彩りとしました。

一つの魚について、一節ずつ区切られた形になっており、最初にその魚の写真、その最後には「各地に伝わるその魚の呼び名」が載せられている。実に沢山の呼び名があることに感心。数が特に多い地方は、その魚との関わりが強いのだなぁと感じたり、面白かった。

中勘助(私は、「銀の匙」しか読んでいないのだけれど)や茨木のり子、金子みすゞの有名な鰮(いわし)の詩、長田弘、新川和江、石垣りん、高村光太郎などなど、載せられた詩も贅沢な作り。

魚に関する薀蓄も面白い。今日は何を食べようかなぁ。



*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、御連絡下さい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/938-844ce642
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。