スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「大地の子」/痛い

 2005-07-18-08:49
山崎豊子「大地の子1~4」

実は山崎豊子さん、これが初読みなのです。何となく読まないままにきてしまった作家さんって、考えれば結構多い。これは義父からお借りしました。

この小説は、所謂中国残留孤児である、陸一心の過酷な生涯を辿ったもの。フィクションではあるけれど、緻密で丹念な取材により著されたもので、この中には何人もの姿が投影されている。

■満州開拓団の描写では、藤原てい「流れる星は生きている」を思い出した。あちらも想像を絶する苦難の旅だったけれど、「流れる~」では何とか帰国を果たしている。「大地の子」を読んで、帰国出来なかった場合、もっと悲惨な運命が待っていることを知った。

■文化大革命下における、労働改造所の場面では、篠田節子「弥勒」を思い出した。無能な指導者による、理屈、知識を無視した労働の暗澹たる姿。共産主義は人を大事にするといいながら、特権階級を生み出し、人間をないがしろにするのはなぜだ?

日中共同の大プロジェクト「宝華製鉄」建設では、建設への熱意という点で、吉村昭「戦艦武蔵」を思い出した。しかし、随所で出てくる「中日友好(ここでは、日本の一方的譲歩を意味する)」や、この一大プロジェクトすら政治の一齣として利用する、老獪な政治家など、日中関係(この場合、中日関係というのだろうか)の難しさを感じさせる。

何か事がある度に、「日本人」として疑われ、嫌われ、利用されながらも、「大地の子」として生きる決意を固めた、陸一心の心中は如何なるものか。「痛い」小説。

解説によると、山崎氏はインタビューに答えて、「テーマは、戦争が個人に与える運命」と語っている。これだけ色々なテーマを絡めて、一つの流れとして小説にした、山崎氏の力量は凄いものだと思う。過酷な運命を与えられている人々は、決して減ってはいないのだろう。世界各国に、その土地の「大地の子」が存在しているように思う。悲しいことだ。

山崎 豊子
大地の子〈1〉
吉村 昭
戦艦武蔵
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/912-58ad5fed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。