スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「黒と茶の幻想」/過去、謎、心、森

 2005-08-15-08:57
恩田陸「黒と茶の幻想」

われわれは過去を取り戻すために旅をする。過去の中にこそ本物のミステリーがある。十数年前の時間と自分を喚起させるメンバー、より深い思索をするのに格好の、俗世と隔絶された目的地。

学生時代の友人である、利枝子、彰彦、蒔生、節子の四人は、彰彦のセッティングで「美しい謎」を持ち寄ってY島への旅へ出る。深い森に分け入り、滝、M岳、J杉を見るために山を登る。Y島の森を歩くことは、それぞれの心の森に入ることでもあった。

日常では交わされない会話が、この非日常的空間で交わされる。普段、日常で交わされる会話って、そんなに意味があるものではないでしょう?「ご飯何食べる?」とか、職場での当たり障りない会話とか。

ここで交わされる会話はこんな感じ。
「今まで見た映画で何が一番好き?」というある意味軽いものから、こんな重いものまで。「ねえ、愛を証明する時ってどうする?」
こんなものもある。ある人と結婚するかどうか決めるのに、一つだけ質問をしていい。その時、何を質問するか」

各種のバトン企画を見ていても、一見他愛無い質問に見えても、数を限られて答えるのはとても難しい。それはある意味、その人の本質を突くものでもある。限定されることで見えてくることもあるのかな。
ブログのバトン企画は、「答えたい」「知りたい」という双方の欲求があって広がっていくのだと思うけど、日常では聞かれない質問だからこそ、これだけ広がっていくのかなぁと思った。答える際に、「なぜそう考えるか?」と自問することになるわけだし。未知の自分をそこに発見するのかもしれない。

この旅は、利枝子、彰彦、蒔生、節子の四章に分かれ、それぞれの一人称で語られる。この仕掛けによって主観的、及び客観的記述がなされ、一人一人の性格が立ち上がってくるという仕組み。

この旅の核となる大きな「謎」は、一つなのだけれど、「謎」がテーマな旅であるだけに、ちょっとした日常の謎、人生への質問が数多く提示され、解決される。私には、これが結構毒を含んでいるように感じた。謎とその解決には、心理的駆け引きも必要とされるものであるし。

四人それぞれが個性的で、ちょっと食傷気味だったのだけれど、最後の章を最もバランスの取れた「節子」が語ることで、私の中でのバランスが取れたように感じる。最後の文章がとてもいい。全て転じて、正のエネルギーとなったように感じた。

自分の中にも森があって、何か解決されない「謎」がひっそりと佇んでいるのかも、と思った。でも、ブログという一種「非日常」な中で、少しずつわかって来たこともあるよ。
**************************************************
そういえば、少し前にコメント欄でちょっと盛り上がった髪型の話。こんな記述がありました。

女はこういう超絶技巧をいつ習得するのだろうか。節子の頭の見事な編み込みを、歩きながらじっと見つめる。
(中略)
女は女になるために練習を積む。鏡の中で試行錯誤を繰り返し、女になる技を習得する。女が女でいるためには、さまざまな技術が必要なのだ。

私はこの技術を身につけられなかった模様・・・。関連本である「麦の海に沈む果実」 よりは、設定年齢が近いだけに、こちらの方が楽しめた。恩田陸さんって、人間観察の優れた人なんだろうな、と感じた一冊でした。

しかし、屋久島って一度行ってみたい所なのですが、やっぱり縄文杉を見るのは大変なのかなぁ。


恩田 陸
黒と茶の幻想

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/872-7d0f3301
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。