スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「マネキン 美しい人体の物語」/お仕事

 2005-08-27-10:54
欠田誠「マネキン 美しい人体の物語」晶文社

「美しい人体」に惹かれて、借りてきた。

目次
第一章 スポーツマネキン誕生記
第二章 人体を表現するということ
第三章 日本のマネキンの歩み
第四章 私は企業内作家である
第五章 人間をまるごと型取りする
第六章 二人の巨匠 村井次郎とジャン=ピエール・ダルナ
おわりに

芸術的な面と、商業ベースに乗せる面とを両立させる所が面白かった。創業期における挑戦も。何であれ、情熱的に仕事をしている人の話を聞くのは面白い。ジェーン・バーキンの等身大マネキンの美しいこと!

彫刻は決意してできるものではないし、決意してやめられるものでもない。私は生活のために職業としてマネキンの製作を始めたわけだが、体験を重ねていくうちに、マネキン造型は人間の表現、人体彫刻の新しいジャンルだという思いが高まってきた。マネキンは一般大衆のためのアートだという考えが確信に変わった。私の二刀流が一刀流になった。そのころはまだ、ポップアートという言葉はなかった。
欠田 誠
マネキン 美しい人体の物語

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/850-371e0ab6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。