スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「和の色手帖」/色の名前

 2005-09-14-08:24
武井邦彦監修、石田純子著「和の色手帖」グラフィック社

本来の使い方は、「和の心を色とその色名でデザインに活かす」ということなので、「現場で役立つデザイナー必携の一冊」とのこと。実際に、「日本の伝統色を現代のデザインに意識して使用された実例作品」も掲載されている。
                               【表紙カバーより引用】

色名への興味と、「照柿」という色を知りたかったのもあって、借りてきた(高村薫「照柿」 の感想はここ )。 「日本の色を染める」 と一緒に借りてきたのだけれど、1色一色の説明は互いに重なる所もあり、面白かった。この本は左頁に色の説明、右頁にその色の写真が載せられているのだけど、この色の説明は結構詳しく興味深い。自然界の色(空、花、海、緑など)であったり、着物、陶磁器の色を写真で載せられているのも、とても分かりやすかった。

以下の系統別で詳しく解説されている。

赤系の色
橙/茶系の色
黄系の色
緑系の色
青系の色
紫系の色
?

白・灰・黒系の色

さて、お目当てだった「照柿」の色は、橙・茶系の色に分類されている。熟した柿のような強い黄赤を柿色というのだけれど、柿渋で染めた色を柿色と呼ぶこともあるので、混同を避け、照柿と言い換えられることがあるそうだ。つまり照柿とは、熟した柿のような朱赤をいうそうです。やっぱりちょっとねっとりとしたイメージ。

「火事と喧嘩は江戸の花」だった江戸の町では、焼け跡を連想させる「灰」の字が嫌われ、色名に「鼠」をあてたそうです。ちょっと私にはトリビアでした。へえー。

たいていの色には由来がきちんと書いてあるのだけれど、たまには「納戸色」のように、江戸時代に大流行し、由来には諸説があるものの、今となってはなぜその名になったのか、分からなくなってしまった色もある(納戸色は灰みを帯びた緑よりの青とのこと。現在ではほとんど使われなくなってしまった色名なのだそうだ)。

色名の多いことにはビックリ。でもこういうのを知ってると、ちょっぴり気分が豊かになれるような気がする。

オンライン書店ビーケーワン:和の色手帖
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/820-bf278771
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。