スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「六番目の小夜子」/怖さに惹かれる、謎に惹かれる

 2005-09-15-09:01
彼らが通う地方の進学校では、三年ごとに行われるサヨコ・システムが存在する。ある一人の生徒が「サヨコ」として選ばれ、決められた手順どおりに事を行う。これは、そのサヨコ・システムの六代目の話。だから、「六番目の小夜子」。サヨコ・システムはすでに十五年もの間、引き継がれている。色々と面倒な決まりを踏襲するサヨコ・システム。これがこんなにも長い間受け継がれてきたのはなぜなのか?そこには誰の、何の意志が存在するのか?

学校とは回っているコマのようなもの。いつも、同じ位置に真っ直ぐ立って回り続けている。紐を持つのが生徒で、コマが失速して倒れないように、一生懸命叩いて努力する。生徒はどんどん変わり、紐は次の生徒たちに受け継がれる。このコマの回り方が、それぞれの学校の個性と伝統なのだ。

主たる登場人物は、転校生の津村紗世子、花宮雅子、関根秋(しゅう)、唐沢由紀夫。彼らは高校三年生(関根秋の姉は、「図書室の海 」の夏)。受験という「祭り」を控えた高校三年のこの一年に、小夜子というもう一つの「祭り」が重なる。

津村紗世子は顔よし、スタイルよし、頭よし、運動神経よしと、ほぼパーフェクトな転校生。人身掌握の術だって大したもの。地方の進学校に三年生で転校してくる生徒は、とても珍しい存在。出来すぎの『謎の転校生』を迎えて、サヨコ・システムが発動した、この一年間の緊張感は否応なしに高まる。

サヨコ・システムの決まりによって上演される学園祭の芝居において、その緊張感はクライマックスを迎える。諸事情で行われない年があって、芝居が行われるのは、実に9年ぶり。芝居のタイトルは「六番目の小夜子」。暗闇の中で行われるこの芝居、読んでいるこちらにもその緊迫感が伝わってくる。

おおよその謎が解き明かされるラストを読んでも、何だか割り切れないものが残る。直截的に「怖い」小説ではないのだけれど、これは解説の綾辻行人氏も書いておられる通り、「魅力的なホラー小説」だった。

恩田 陸
六番目の小夜子

この本は、普通とは逆の道を辿っている。新潮文庫ファンタジーノベル・シリーズの一冊として刊行され、その後、文庫版を大幅改稿して単行本が刊行されたそうだ。私は単行本を読んだのだけれど、文庫版とはどう異なっているのだろうか。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/818-801ed690
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。