スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「オーデュボンの祈り」/奇想天外だけど・・・

 2005-10-07-08:01
伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」

カカシを殺したのは誰?

「カカシを殺す」って普通はおかしなことだ。けれど、ここではおかしくない。なぜなら、この「カカシ」はただのカカシではなく、ものを言う、預言するカカシだから。そんなの、私たちが知る普通の世界では有り得ない出来事。そう、この物語の舞台は、外界から隔絶した「荻島」という島。島の住人、日比野がいうには、この島はこんなところ。

「この島は孤立している。閉じこもっているんだ。仙台なんかと行き来があるものか。俺はこの島で生まれたし、このまま外に出ることもなく、死ぬ。小さな荻島の数千人はみんなそうだ」

「変な島だろ。ここは本当の孤島だ。外界とは隔絶している」

主人公である伊藤は、百五十年ぶりにこの島にやってきた、二人目の人間。日本の開国とほぼ逆行するように、百五十年間も鎖国を続けているこの島には、ここには大事なものが、はじめから、消えている。だから誰もがからっぽだ。島の外から来た奴が、欠けているものを置いていく』という伝説がある。

物言うカカシ・優午を殺したのは誰? 島に欠けているものは何?

島の人間たちは、みな、どこか変わっている。それは伊藤を案内してくれる日比野だってそうだし、その他にも、嘘しか言わない変人画家・園山、唯一人外の世界と行き来をしている、熊の様な男・、島のルールであり、武力を行使する男・、あまりに太りすぎてその場から動けない女・ウサギ、地面に寝転がって心臓の音を聞く少女・若葉、妻である百合ちゃんを盲目的に信仰する郵便配達員・草薙、鳥が大好きで足が不自由な男・田中などなど、どれも一癖ある人物ばかり。

更に、伊藤のいた元の世界の住人である、強迫的に仕事に没頭する元恋人・静香伊藤とは中学時代からの因縁がある、最低の警察官・城山が加わって、物語は進行する。

伊坂さん得意の全てが繋がっていく物語。少々馬鹿馬鹿しくもある設定だけれど、美しい島の描写のせいか、どこか淋しげな日比野のせいか、はたまた優しい優午のせいか、私はこの物語がとても好きだった。

ラスト、まだ若く達観する前の、意地を張って見せたりもする優午も、微笑ましくていい。

 ←私が読んだのはこちら
伊坂 幸太郎
オーデュボンの祈り

 ←既に文庫化されています
伊坂 幸太郎
オーデュボンの祈り
*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。


これ、伊坂さんのデビュー作なんだそうだ。
後の物語の片鱗となる部分があるようにも思う。

☆関連過去記事
 廻る廻る/「アヒルと鴨のコインロッカー
 兄弟/「重力ピエロ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/780-fdb9e886
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。