スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「極限に生きる植物」/極地で生きる

 2005-10-12-10:52
写真のある本って好きだ。しかもこれは「極限に生きる植物」。
これまで見たこともないような植物が載っていて、興味深い。

増沢武弘「極限に生きる植物」中公新書

目次
はじめに
チョウノスケソウ―江戸末期の研修生、須川長之助
1 日本列島
2 北極地域
3 北アメリカ
4 ヒマラヤ
5 アフリカ
6 南アメリカ
7 極地ほか
おわりに

「日本列島」で取り上げられているのは、アッケシソウヤクスギを除いて殆どが高山植物。植物それぞれの工夫で過酷な高山で生き抜いていることがわかる。

アッケシソウはアカザ科で、汽水域(淡水と海水が入り混じる)の湖岸に群落を作る一年生の草本植物。知床半島の西側の湖、海に面したサロマ湖と能取湖(のとろこ)では、9月から10月にかけて湖岸の一部が真っ赤に染まる場所があり、ここに群落があるそうだ。小さなソーセージのような形の多肉が赤みを帯びた不思議な植物。
[アッケシソウ―湖岸を紅色に染めるより]

古くから屋久島には幹の周囲が10メートル以上もある巨大なスギが存在することが知られていた。このような大きなスギだけを特に「ヤクスギ」と呼び、地元では樹齢1000年以下だと「コスギ」としか呼ばないようだ。日本列島の南の島に、なぜこれほど大きなスギが育ったのかというと、暖かく多雨な環境が植物の生育に適していたからである。かつ、ヤクスギは油分が多いから、多雨の環境でも腐りにくく「丈夫」なのだ。
[ヤクスギ―油分が多雨をしのぐより]

■北アメリカからは、世界一大きく(正確には最も太く)なるスギの木、スギ科セコイアデンドロン属ジャイアントセコイア。高さは40~50メートルだけれど、太さはとてつもない。大きいものは分かれた根元を自動車が通り抜けられるほど。西海岸のほんの一部の地域だけにジャイアントセコイアの森がずっと生きつづけられたのは、何年かに一度発生する大規模な自然の山火事のおかげ。もし火事がなければセコイアは成長の早いほかの針葉樹に負けてしまうかもしれない。
[ジャイアントセコイア―山火事から身を守る厚い樹皮より]

■ヒマラヤはじめ、アフリカの高山、南米アンデスでは、標高の高いところに超大型の植物があることは広くから知られている。ヒマラヤの標高4000メートルを超える地域で、二メートル近い白い塔のような植物レウムノビレ(セイタカダイオウ)が生育している。これは写真を見なくては分からないと思うのだけれど、ものすごくヘンな形をした植物。
タデ科のレウムノビレは、太い花茎を一メートル以上伸ばし、そのまわりを半透明の白い葉で覆い、内部の気温を上げている。日が当たると、内部は外より10~15度も温度が高くなるのだそうだ。寒冷地ならではの工夫。
[レウムノビレ―白い塔形の温室より]

■アフリカからは、バオバブの木。バオバブは乾燥に強く、長い乾季の間はスポンジ状の幹のなかに大量の水を貯えることが出来る。若い葉や種子は食用に、樹皮の繊維は敷物やロープなどに利用される。この木は不思議なことに、葉を落とす乾季には「幹が」光合成を行う。広い幹の表面の薄い表皮をはがしてみると、そのなかに葉緑体がある。乾燥の激しいサバンナで、これほど大きくなる理由は、水を貯える能力の高さともう一つ、“ひそかに”大木の幹が光合成を行うことによるのだろう。
[バオバブ―天支える恵みの大木より]

植物それぞれの、生きる工夫が面白い。
ここで挙げた以外にも、ちょっとヘンな形をした植物が、沢山載せられています。

増沢 武弘
カラー版 極限に生きる植物
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/773-4cfd0ec4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。