スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「七人の安倍晴明」/晴明像

 2005-10-14-08:05
夢枕獏編「七人の安倍晴明」桜桃書房

目次
視鬼 高橋克彦
愛の陰陽師 田辺聖子
日本の風水地帯を行く―星と大地の不可思議― 荒俣宏
玄象という琵琶 鬼のために盗らるること 岡野玲子
晴明。―暁の星神― 加門七海
鬼を操り、鬼となった人びと 小松和彦、内藤正敏
下衆法師 夢枕獏
解説 夢枕獏

今まで触れたことがあったのは、岡野玲子夢枕獏の手による「晴明像」。この二人の「晴明像」に自分のイメージが固定されていたので、違う観点から書かれた物語も面白かった。

私の中でのこの本の成果は、加門七海さん。以前、古銭を巡る呪いを描いた「環蛇銭」という本を読んだことがあるのだけれど、これがあまり好みではなかったので、「環蛇銭」一冊しか読んでいなかった(「環蛇銭」薀蓄部分が、ちょっと出来の悪い京極堂のように感じた)。

今回の「晴明。―暁の星神―」は、本来は長編のものを、この本のためにその一部を収録したとのこと。「少年時代の晴明を書くという、実に魅力的なテーマの作品である。たいへんにおいしい話であり、読者の方は、ぜひとも、本編の方も読んでいただきたい。」と、夢枕獏氏が解説で書いておられるように、ほんとに「おいしい話」。一部収録でも意味が通らないことはないのだけれど、もっときちんと読みたいなぁと思わせられた。

イメージが固定されている所で、またそれとは異なった像を示してくれる物語も面白い。面白い作りの一冊。

高橋 克彦, 荒俣 宏, 内藤 正敏, 岡野 玲子, 夢枕 獏, 加門 七海, 田辺 聖子, 小松 和彦
七人の安倍晴明
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/770-7f5d1eef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。