スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「いぬはミステリー」/ワンワン!

 2005-10-21-17:04

アシモフ他編、小梨直訳「いぬはミステリー」

アイザック・アシモフといえば、本来はSF界の巨匠なのだろうけれど、私にはアンソロジーの編者としてのイメージが強い。アシモフ編のアンソロジーには、どれも外れがないように思う(ま、そんなに沢山読んだわけでもありませんが)。

これは「いぬ」をテーマとしたミステリー。

目次
まえがき……アイザック・アシモフ
眠れる犬……ロス・マクドナルド
敵……シャーロット・アームストロング
ジャズの嫌いな犬……ウィリアム・バンキア
闇の中を……ポール・W・フェアマン
非常口……マイケル・ギルバード
なぜうちの犬は吼えないか……ロン・グーラード
ブーツィーをあの世へ……ジョイス・ハリントン
レオポルド警部、犬レースへ行く……エドワード・D・ホック
リンカーンのかかりつけの医者の息子の犬
                        ……ワーナー・ロウ
こちら殺犬課……フランシス・M・ネヴィンズJr.
ポピーにまつわる謎……Q・パトリック
シャンブラン氏への伝言……ヒュー・ペンティコースト
ラッフルズ、バスカヴィル家の犬を追う……バリー・ペローン
コヨーテとクォータームーン
     ……ビル・プロンジーニ&ジェフリー・ウォールマン
薪売り……ジョン・ルーディン
真昼の犬……レックス・スタウト

作者についての予備知識がなくても、大丈夫。
短編の扉に、詳しい著者のプロフィールが載せられている。

「闇の中を」
手違いで誘拐された少女ティナ。彼女は両親と共に、過去ブダペストで<恐怖>に襲われた経験がある。<恐怖>は両親を、彼女の元から永遠に連れ去ってしまった。ティナは過去に、<恐怖>と対決した時の教訓、「あきらめてはいけない」を胸に、ただ一人、誘拐犯のアジトから脱出する。森を抜けて、安全な叔父フーゴーの元へ。

今回の「いぬ」は、ドーベルマンのプリンス。ティナとプリンスは、ブダペストの家のベランダの下で、<恐怖>から身を隠している時に初めて出会い、その後はいつも一緒に生きてきた。

でも本当はそんなことはない。海をひとつ越えたくらいで<恐怖>から逃れられるわけはないのだ。そんな簡単なものではない。<恐怖>はいろいろな顔を持っていて、またいつか舞い戻ってくるに決まっている。これまでもそうだった。
だからぜったいに気を許してはいけない。
常に用心して、どんなことがあっても、くじけたりあきらめたりしてはいけないのだ。

ハンガリーからオーストリアの国境を抜けて、アメリカにやって来たフーゴーとティナとプリンス。
ティナの固い決意と、脱出行が息詰まるような作品。

「ラッフルズ、バスカヴィル家の犬を追う」
コナン・ドイル博士に罠が仕掛けられた。
それを知った、ラッフルズとバニーは…。

この「ラッフルズ」という人物自体も「E・W・ホーナングの作で人気を博した怪盗ラッフルズの使用権を得て」書かれたものとのこと。勿論、タイトルにある、「バスカヴィル家の犬」とも関連した作品。

■「コヨーテとクォータームーン」
純粋なユマティラ・インディアンである、ジル・クォータームーンは美しい二十六歳。動物管理局に勤める彼女は、高級住宅地のガレージに閉じ込められたドーベルマンを救出する。住人の名は、エドワード・ベナム。しかし、登録書類上は、ベナムが飼っているのは、ドーベルマンではなく、雌のハスキー犬のはず。不審な点が多いこの住人を、ジルは上司の命令を振り切って調べ始める。

■「真昼の犬」
褐色砂岩造りの家に住む、巨漢の探偵、ネロ・ウルフ!
私はアンソロジーでしか、この探偵を読んだことがないのだけれど、ネロ・ウルフ物は結構好み。

ネロの助手、アーチーが殺人事件の現場で出会った“ハット・ハウンド”(アーチーの帽子を救ったのだ!)のラブラドル・リトリバー。かのリトリバーは、勝手に彼の家である事務所までついて来てしまう。いつもうるさいウルフを慌てさせるつもりが、意外にもウルフは文句を付けながらも、リトリバーを飼うという魅力に取り付かれた模様。彼らは成り行き上、殺人事件にも首を突っ込むことになる。
**************************************
猫をテーマにしたものとは違って、ここに出てくる犬は、人間と一緒に事件を解決してくれるだけではない。なんといっても、人間よりも強い体と力を持っている犬種もあるわけで。でも、「いぬ」と「ミステリー」が好きな人には、楽しめるアンソロジーだと思う。

アイザック アシモフ, Isaac Asimov, 小梨 直
いぬはミステリー
(赤い表紙も可愛いのだけれど、残念ながら表紙画像が出ませんでした)

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/757-16719b44
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。