スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「倉橋由美子の怪奇掌篇」/幻想的な

 2005-10-27-09:07
倉橋由美子「倉橋由美子の怪奇掌篇」

目次
ヴァンピールの会
革命
首の飛ぶ女
事故
獣の夢
幽霊屋敷
アポロンの首
発狂
オーグル国渡航記
鬼女の面
聖家族
生還
交換
瓶の中の恋人たち
月の都
カニバリスト夫妻
夕顔
無鬼論
カボチャ奇譚
イフリートの復讐

どれもごく短い幻想的なストーリー。目次を見ても、なかなかに妖しげなタイトルが並んでいる。秋の夜長に如何でしょうか。

私が好きなのは、「首の飛ぶ女」「事故」

「首の飛ぶ女」は、夜毎、恋しい人の下へ首を飛ばす美少女の物語。語り手である「私」の父の友人Kは、戦地から引き揚げる際に、中国人の女の子を連れ帰ってきた。美しく成長した彼女は、実は飛頭蛮と呼ばれる種族の一員であった。この種族は、夜中に頭が胴を離れて飛びまわるという、変わった習性を持つ。Kと彼女との関わり、また生前の「私」の父との関わりとは。

首を飛ばすって随分野蛮な話に聞こえるけれど、そこは倉橋由美子さん。美しいです。美少女の首が窓の外にやって来たら、やっぱり家の中に入れてあげて、お話したくなるのだろうか。

「事故」は、突発性溶肉症にかかってしまった小学生、山口勉君のお話。ある秋の夜長、つい湯槽の中でうとうとしてしまった勉君は、すっかり骨だけの姿になってしまう。

起きたら虫になっているのも困るけれど、骸骨になってしまうのも困るよね。でも、すかすかして、気持ち良いのかも(冬は寒いか?)。


そういえば、「読書感情文 」のぐたさんの所で紹介されていた、「おとぎ話占い」自分の診断結果、「かぐや姫」の記述に違和感を覚えたのは、この本の中の「月の都」の荒涼としたイメージが頭にあったからかもしれない。確か、倉橋由美子さんのその他の短編でも、「かぐや姫」は結構冷たい性格に描かれていたように思う。

その他、「アポロンの首」は、別の物語「ポポイ」 (美少年の首を飼うというお話)の元になっている。

倉橋 由美子
倉橋由美子の怪奇掌篇

■おとぎ話占いはこちら
■ついでに、「かぐや姫」の性格分析。
 
かぐや姫のあなたは、心の優しい穏やかな人。人との調和を大切にし、良くも悪くもとびぬけることが好きではありません。人には親切で、けんかや言い争いは嫌い。少々気に入らないことがあっても、騒ぎ立てずにがまんしてしまいがち。とはいっても、意志が弱いわけではなく、本当はとても頑固。人のアドバイスを聞くことは聞きますが、それで自分の考えを変えることはありません。凝り性のところがあり、自分の仕事が好きな分野にはまると、思う存分力を発揮できます。

「とても頑固」しか合ってない所が、悲しいなぁ。

☆関連過去記事「夢の通い路」/ 異世界との交歓
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/746-0e612505
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。