スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「アバラーのぼうけん」/企画参加「動物が主人公の物語」

 2005-11-04-07:59
アメリカの少年少女の生活を描いた、懐かしい児童書に「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」というシリーズがある。このシリーズの中に、一冊だけ動物を主人公とした本があるので、今日はこれを。


ベバリイ・クリアリー, 松岡 享子
アバラーのぼうけん

「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」は、クリッキタット通りに住む、ヘンリー=ハギンズ少年を核となし、その周囲の少年少女の生活を描いたもの。特別出来る子なわけでもない、平凡なヘンリーくんと、その周囲で起こる出来事は、等身大のアメリカの少年少女を感じさせて、日本の少女であった私にも、親近感を持つことが出来た物語。全部を手元に持っているわけではないけれど、このシリーズは大好きだった。

さて、「アバラーのぼうけん」に戻ります。

目次
アバラーとのみ
アメリカ一清潔な犬
アバラーとフローリーさん
アバラー、マスコットとなる
アバラーとフットボールの大熱戦
有名な犬
アバラーとアパート

■「アバラーとのみ」
アバラーは、ヘンリー=ハギンズ少年の飼い犬。「アバラー」という名前は、ヘンリーくんに拾われた時に、あまりに痩せぎすで、肋骨が見えていたために、つけられたもの。ただし、今はもう良く太って、毛の艶もなかなかのもの。アバラーの一番の悩みは、首輪の裏側の、後足でどんなに掻いても届かないところに住み着いている、特別いやらしくがつがつした蚤。
ある日、巨大なショッピングセンターの駐車場で、ちょっとした手違いにより、アバラーヘンリーくん一家と離れ離れになってしまう。 アバラーは無事に、ヘンリーくんの元に戻ることが出来るのか?
ここに、アバラーのぼうけんが始まる。

■「アメリカ一清潔な犬」
最初に辿り着いたのは、ディングリー一家の所。この一家の車が、ヘンリーくん一家と同じ、真新しいステーションワゴンだったため、アバラーは間違えてディングリー一家の車に乗り込んでしまったのだ。ここでの災難は、お風呂と、スミレの匂いのする、泡石鹸一瓶全部(+ 一度も犬を飼ったことが無い子ども五人)。敏感な鼻を持つ犬にとってこれは辛い。スミレの匂いぷんぷんになりながら、アバラーは何とかこの一家の元から飛び出す。

■アバラーとフローリーさん
高速道路に沿って歩き続けたアバラーは、今度はフローリーさんというおばあさんの元に転がり込む。フローリーさんはとても親切でいい人だったけれど、日に三度のたっぷりとしたご飯、模造ダイヤのついたピカピカの赤い首輪、チェックのコート、麦わら帽子を被らせて、眼鏡、パイプを咥えさせる(ここの挿絵は絶品!)などなど、人間扱いされる暮らしにアバラーは嫌気がさす。今度もフローリーさんの隙を見つけて、なんとか彼女の元を逃げ去るのだ。

■アバラー、マスコットとなる
女の子の持つお弁当の匂いに惹かれたアバラーは、学校に辿り着く。ヘンリーくんの学校ではないけれど、沢山の子どもがいて、食べ物にも困らず、みんながアバラーを構ってくれる状況は、アバラーにはなかなか好もしい。アバラーは、ソンチェク先生の学級のマスコット犬になるが、一騒動を起こしてしまったために、学校から締め出されてしまう。

■アバラーとフットボールの大熱戦
すっかり迷い犬の暮らしにも慣れてきたアバラーは、猫の餌などを失敬しながら、秋の日差しを楽しんでいた。トコトコと歩いていた所、アバラーは何だか面白そうな場所を発見する。ホットドッグの匂い!人々の叫び声!フットボール場に潜り込んだアバラーは、ホットドッグを楽しみ、テイラー高校に勝利をもたらす。

■有名な犬
フットボール場で知り合った、ジョー少年の後を、アバラーはとことことついて行く。フットボール場でのアバラーの活躍が、新聞に載せられたため、ようやくヘンリーくんの目に留まるけれど・・・。

■アバラーとアパート
アバラーは今度は、アパートに住むラリーと友達になる。

読み終わる頃には、すっかり中年犬アバラーの気持ちが乗り移って、「人間の男の子」が大好きになっているし(女の子はすぐ抱き上げたりするから、かなわない!そこへいくと男の子はボール遊びだってしてくれる)、人間以外の動物にはちょっと冷たくなりそう(あいつらが大きな顔をするのは、我慢ならない!)。「小さな子」に対するアバラーの忍耐(物の分かっていない小さい子には、唯ひたすら相手が飽きるまで忍耐しかないのだ!)も面白い
ラスト、ようやくヘンリーくんと出会えた所では、読んでいるこちらも、尻尾を振りたいような気分になる。良かったね、アバラー
******************************************
■大元のとらさんの企画はこちら
→【参加募集】動物が主人公の物語-『荒野の呼び声』

再度、戌年に因んだとらさんの企画にトラバさせて頂きます。
■【私設TBステ】 戌年にちなんで犬の作品を楽しもう!
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/732-0e323288
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。