スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ぬしさまへ」/やっぱり妖(あやかし)

 2005-12-02-08:28
畠中恵「ぬしさまへ」

「しゃばけ」 の続編にあたる短編集。

目次
ぬしさまへ
栄吉の菓子
空のビードロ
四布の布団
仁吉の思い人
虹を見し事

相変わらず、すっとぼけた妖(あやかし)たちは愛らしく、若だんな一太郎は体調を崩し気味。つまり、大きな変化はないというわけ。変化といえば、短編の途中で、縁を切られていた腹違いの兄、松之助が、長崎屋で奉公することになることくらい。
とはいえ、「しゃばけ」に比べ、随分と熟れた印象を受けた。

一太郎が安楽椅子探偵となる謎解き物と、脇の人物が主役となる回がある。「空のビードロ」は腹違いの兄、松之助の話、「仁吉の思い人」は千年にもわたる、仁吉の片思いのお話。「虹を見し事」だけは、実際に一太郎が当事者となり、安楽椅子に座るというわけにはいかない。

時々差し挟まれる、一太郎の将来への不安は痛い。とはいえ、一太郎は、大店の若だんなで、両親に溺愛されているという、自分の立場に安住しない所がいいのだ。彼は内省的で、周囲の者たち(人であれ、妖であれ)に分け隔て無く優しく出来る人柄。今後は、どうなっていくのだろうね。
*********************************************
さて、一番気に入った「仁吉の思い人」について。

仁吉の思い人は、やっぱり妖(あやかし)で、年上の吉野どの。吉野という名は、平安の御世、女房として暮らしていたときのもの。妖(あやかし)は恐ろしく長命だから、人の世にいる内は、時々名を変え、住む場所を移さないと、人ではないことがばれてしまう。

仁吉の初恋の妖(あやかし)、吉野を振り向かせたのは、宮廷に仕えていた一人の若い公達だった。仁吉は妖(あやかし)と人間との恋の行方を心配するが、男は吉野の真の姿を知ってなお、気持ちを揺るがす事は無かった。彼は銀の鈴を吉野に贈り、二人はその音を合図に、逢瀬を重ねた。しかし、人というのは弱いもの。男は三十路にも届かないうちに、身罷ってしまう。

周囲の妖(あやかし)は、これでこの恋は終わったのだと口々に言ったけれど、吉野は諦めず、“鈴君”を待って人の世に留まり続けた。そして、三百年後、再び巡りあった二人は互いが分かったのだ。本来、人は何もかもを忘れてから、再びこの世に来るというのに・・・。今回、共にいられた日々は五年程。そして、また吉野の一人待つ時間が続く。その後も数百年の単位で、何度か繰り返して出会う事が出来た二人。仁吉は常にそれを傍で見守っていた。

そして、このお話のメインは、”鈴君”なのかどうか、吉野にも判断出来なかった、江戸時代における出会いのこと。微かに鈴の音が聞こえる、弥七は”鈴君”なのか?
仁吉はただの人である弥七に対し、どうにも心が騒いで仕方が無い。千年もの長きにわたる片恋。これは嫉妬なのか、それとも吉野の危険を察してのことなのか。仁吉は、弥七の問題にきっちり片をつけることを決意する。そして、その後は・・・。

ちょっと乙女チックに過ぎるかもしれないけれど、ずっと傍で見守ってくれる人がいるだなんて、いいなぁ~と思った。数百年もの長い間、一人で待ち続けなくてはならないのは、嫌だけれども。そして、仁吉は吉野を思い切ることが出来たのかなぁ。

畠中 恵
ぬしさまへ
 ← こちらは新潮文庫?
コメント
こんにちは^^TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
ずっととって置いていて、読むタイミングを失っていた作品でした。
読むのがもったいないと思って早数年・・・。
読まないほうがもったいないと今更気付きました。
私も「仁吉の思い人」好きです^^
究極の愛ですよね~。
仁吉は思いを断つ事はできたのでしょうか。
できていないままずっと若だんなのそばにいるのは辛いな~と思ったのですが。
あと私は「空のビードロ」が好きです^^
【2008/10/26 14:00】 | 苗坊 #- | [edit]
苗坊さん、こんばんは!
アメブロの方にもトラバいただきまして、ありがとうございました。
あちらからは、後ほどお返しさせていただきますね。

うふふ。楽しみはとっておくタイプでしたっけ?笑
本はいつでも待っていてはくれるものの、やっぱり早く読みたいかな?
私はこの後は、そんなに「しゃばけ」シリーズは追っかけていないのですが、「しゃばけ」、「ぬしさまへ」の初期の頃が好きですねえ。
短編な方がいいような気がするからかな・・・。
あ、「空のビードロ」、私も好きでしたよ!
この後は、本編の方でも松之助も出てきますよねー。
【2008/10/27 23:34】 | つな@管理人 #- | [edit]
私は読んでもらえないのかしらん?v-37
【2008/11/01 10:39】 | 一太郎 #- | [edit]
こ、この絵文字はなんなのかしら??
むし??
【2008/11/01 18:19】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/695-119329f2
  • ぬしさまへ 畠中恵【苗坊の読書日記】
    ぬしさまへ (新潮文庫) 日本橋大店の若だんな・一太郎は、めっぽう身体が弱く、くしゃみひとつとしただけで布団にくるみ込まれてしまう始末で、放蕩なんてことは、夢のまた夢。 そんな若だんなの身の回りを守っているのは、犬神・白沢・屏風のぞきといった摩訶不思議な
【2008/10/26 13:50】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。