スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「薬草」/知る楽しみ

 2005-12-07-08:14
平野 隆久
薬草
山と渓谷社

私は植物音痴です。いくら植物の名前を教えて貰っても覚えられないし、ごく当たり前のものを間違えたりもします。ブログに画像を載せるようになって、その辺の草花に目を向けるようになったのですが、音痴っぷりはまるで治らず。

数ヶ月前に古本屋で見つけて、この本を買いました。で、数ヵ月後、私が音痴を克服出来たかというと、結局は音痴のままなのだけれど、身近にあるこんな植物にも「薬草」としての効果があるんだなぁと面白く、時々パラパラとめくっています。

目次
薬草(春~夏)
薬草(秋~冬)
薬草(一年中)
栽培種(役に立つ野菜・果物・園芸植物)
毒草薬草の採取と保存薬用植物園

栽培種の場合は少し説明が小さくなってしまうのですが、薬草については、一つの種類につき一頁の写真(分かり易いものは一枚のみ、時には花や葉、実のアップも何枚か)と、その下にデータ、解説が付けられています。

【データ:?利用部位、?薬効、?用法、?採取時期、?分布、?生育地、?生活型、?大きさ、?花期、?花、?葉

眺めても綺麗だし、どうも「花より団子」な自分には、綺麗な花だけを眺めるよりも、こういった薬効を併せて知る方が面白いです。

くっつき虫などと言って遊んでいた、オオオナモミの果実には、解熱、鎮痛の薬効があるのだって(果実を干して煎じる)。子供の遊び繋がりでいうと(自分はやらなかったけれど、ままごとで赤飯に見立てるそうな)、イヌタデの薬効は、下痢止め、腫れもの。
栽培種には野菜も含まれているので、ゴマの花、ザクロの花、お茶の花、アズキの花などの写真も見ることが出来ます。

「薬草の採取と保存」では、いずれもごく簡単にではありますが、薬草茶の作り方、薬酒の作り方が載せられています。

このヤマケイポケットガイドシリーズは沢山出ているようで、下に挙げたようなものも面白いなぁ、と思いました。
久保 敬親
日本野生動物
田中 達也
雲・空
この本と一緒なら、全編カラー頁なわけですし、きっと見応えありそう。でも、古本屋狙いかなぁ、やっぱり。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/688-9d86e30c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。