スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ターミナル・エクスペリメント」/魂波(ソウルウェーブ)の到来

 2008-02-26-23:22

ロバート・J. ソウヤー, Robert J. Sawyer, 内田 昌之

ターミナル・エクスペリメント (ハヤカワSF)


1995年のネビュラ賞受賞作ってことで、思いっきりSFなのですが、これは面白かったー!(おっと、今、ネビュラ賞を見てたら、でもそういえば、「くらやみの速さはどれくらい 」も受賞作でありました。あまり気にしないで読んでたけど、確かに、設定はSFだったな…)

生物医学工学を修めたピーター・ホブスンは、学生時代に関わった少年の脳死臓器移植における経験から、常々、ある疑問を持っていた。それは、脳が完全にその機能を停止するのはいつなのか?、ということ。ピーターには、脳死判定基準が十分なものだとは決して思えなかったのだ。

生物医学用機器を扱う会社を設立したピーターは、その長年の疑問に答える装置の開発に成功する。それはスーパー脳波計とでも言うべきもので、十億を超えるナノテク・センサーによって、すべてのニューロンの電気的活動を把握することが出来るのだ。

さて、実際にこの装置を死にゆく人たちに装着したところ、ピーターは驚くべき脳の信号を検出する。それは、魂波(ソウルウェーブ)とでもいうべき存在で、死の瞬間にこめかみの方へ向かって移動し、そこから信号は検出されなくなってしまう。つまり、ピーターは、人の死の瞬間に、何かが外へ出ていくという現象を捉える事に成功したのだ。

死という現象を捉える事に成功したピーターは、十代からの親友にして、ソフトウェア開発の天才、サカール・ムハメドの助言により、生命の誕生や動物の魂についても、この装置の応用を進めていく。一連の発見は、宗教学的なセンセーションを始め、ピーターの周囲に様々な影響を及ぼすのだが…。

ピーターのそれまでの家庭生活は、学生時代からの恋人であるキャシーとの結婚以来、しごく満足のいくもののはずだった。ところが、装置の完成と時をほぼ同じくして、妻、キャシーの同僚との不倫が発覚する。ピーターはキャシーを深く愛していたのだが、キャシーにはどこか不完全なところがあるようで…。それはキャシーの生い立ちとも無縁ではない。

サカールの人工知能会社では、ピーターが開発した装置との組み合わせにより、人間の脳の完全なる複製を作ることが出来るようになっていた。ピーターとサカールは、「死後の生」を知るために、ピーターの脳の複製を作り、更にその複製に対してとある処置を施すことにした。一つは肉体の感覚から完全に切り離されたもの、いわば死後の生を生きるシミュレーション、”スピリット”。もう一つは老い、衰えなどから切り離され、肉体的に不滅の存在だと自覚しているシミュレーション、”アンブロトス”。更に三つ目はオリジナルから変更を加えないシミュレーション、”コントロール”。ピーターとサカールは、これら三つのシムたちと会話をし、彼ら三人を観察し、それぞれの特徴を掴んでいくのだが…。

予期されざる殺人が起き、これら三人のシムたちのうち、誰かがピーターにとって都合の悪い人物を殺したことが明らかになる。一体、誰が殺人を犯したのか??

あらすじはざっとこんな感じなんだけど、死とは何か、生とは何か、という一種哲学的な話を持って来つつも、物凄くしっかりエンターテインメントしているのです。一体、どのシムが殺人を犯したのか?、というミステリ的要素もあるしね。さらに、長い年月を共にした(する)夫婦の愛、親子の関係なども書き込まれている。あと、いいところは基本的に明るいところかな。なんというか、敗者復活的な要素があるところがいいな。

SFであっても、人物造形がしっかりしているし(妻、キャシーはちょっと甘いか?という気もするけど)、彼ら彼女らの感情もしっかりと描き込まれているので、楽しく読むことが出来ました。ここ数年のうちでは、こんな装置は実現出来ないとは思うけれど、いつかこんな装置が出来たら、やっぱりセンセーショナルだろうなー。

■SF苦手な私でも読めたよ!、な有名SF作品へのリンク■
・ロバート・A・ハインライン, 福島 正実 「夏への扉
・フィリップ・K・ディック, 浅倉 久志 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
ちょっと違う気もするけど…
・アン・マキャフリー, 酒匂 真理子「歌う船

SF
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/61-4cc9eddb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。