スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ジャガーになった男」/ イダルゴ、トラの行く道は

 2006-02-13-10:13
佐藤 賢一 ジャガーになった男 ?

斉藤小兵太寅吉、改めミゲル・トラキチ・サイトウ・アッチラこと、トラは男でござる、ブシでござる、イダルゴでござる。イダルゴとは、イホ・デ・アルゴ(ひとかどの人物の息子)のこと。気風、態度、文化を日本になぞらえて言えば、これ、即ち武士そのものである。

好いたおなごが縋ろうとも、拾った従者に諭されようとも、彼の血が滾るのは、やはり戦場、戦の中。男は前に進まねばならぬ。彼とて、好いたおなごとの平穏な日々を、従者の言う名誉ではなく利を、夢見ぬわけではない。好いたおなごの幸せを、哀れな境遇にあった子供である従者の幸せを望まぬわけではない。

残念ながら、彼が生まれた、生きた時代は、ブシとしての、イダルゴとしての使命がそのまま、女子供の幸せとなる幸福な時代ではなかった。戦国の世は既に終わったのだ。支倉常長率いる遣欧使節の一員となり、イスパニヤに渡ったはいいが、日本では既に徳川家康による全国制覇がなり、頼みとしたイスパニヤとて、既に落日の国、過去の帝国であった。

それでも彼は、イスパニヤのイダルゴ、ベニトを相棒とし、戦場を探し、名誉を求めて、また、それが好いたおなごの幸福となることを信じて、ひたすらに走る、走る。

「恋愛バトン」で思ったけれど、条件だけで人を判断し、好きになれたらこんなに簡単な事はない。そうではない所が、きっと恋情というものの、侭ならぬけれども、美しく神秘的な所なんだろう。

エレナの「イダルゴだけは、愛さないと誓ったもの」という叫びは痛い。それでも、エレナはトラをその全身で愛してしまったから、彼女にはもうああなるしか他、道はなかった。

この物語はラストが好き。女性をばったばったと見捨てていくようにも見えながら、トラは実は少しずつ成長(というのかな、学んでいくというか。時系列によって、女性に対する接し方が若干異なる)しているのだよね。今度こそ、平穏な日々に安住することが出来るのか? とはいえ、やはりそうもいかず、熱きブシ、イダルゴの血が滾るのだろうか。今度こそ、愛しいものと共に、泡沫の夢に遊ぶことが出来るのだろうか。

← こちらは文庫。でも、ちょっと、トラ美男過ぎる?笑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/607-42af2aad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。