スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「つきねこ」/夜のこねこ

 2006-02-27-21:07
アルベルティーヌ ドゥルタイユ, Albertine Deletaille, ふしみ みさを
つきねこ
パロル舎

ある夜、ひとりぼっちの子猫は、同じくひとりぼっちに見えた「お月さま」と出会う。
どこまでも、ねこについてくるお月さま。こうなったら、お月さまと追いかけっこだ!
さあ、お月さま、ついてこられる?

水面にうつったお月さまに「落ちてしまったの?」と吃驚したりしながら、ねこはあちこちをお月さまと共に駆け回る。そして、とうとう人間の住む家の中へ。美味しそうなミルクの入った壷を見つけたねこは、当然そこに頭を突っ込むけれど・・・。

騒ぎを起こしてしまったねこは、その家の子供たちに出会う。もう、一人ぼっちじゃないよ! その様子も、お月さまは優しく見守っている。

何ということはないストーリーかもしれないけれど、ねこがとっても愛らしく、美しい絵本。ねこを見守るかのようなお月さまもいい。このお月さまはしゃべらないけれど、もしも話せるのなら、アンデルセンの「絵のない絵本」 のようになるのかなぁ、などとも思った。空にいるお日さまとお月さま。月にはお日さまのような温かさはないけれど、そっと見守ってくれるような優しさがありますよね。

さて、これは実は、「星の王子さまミュージアム 」の図書室で読んだ本。「ペネロペ」シリーズなんかも、沢山置いてありました。映像放映までの時間つぶしだったのですが、一人だったら、結構腰を据えても楽しめてしまいそうでした。

アン グットマン, Anne Gutman, Georg Hallensleben,
ひがし かずこ, ゲオルグ ハレンスレーベン
ペネロペひとりでふくをきる
← これ、オチがとっても可愛かったです。服を着るって、
  子供の頃は、何であんなに大変だったのでしょう??

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/590-0b578ee4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。