スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「韓国人の歴史観」/歴史の扱い方、裁き方

 2006-03-02-21:51
黒田 勝弘
韓国人の歴史観
文春新書

韓国は近くて遠い国。色々似ている部分もあるし、この本 や、この本 など、個人として対峙した際には、韓国の人々はとてもフレンドリーであるようなのに、国家間では「反省と謝罪」の要求や、日本に対する反発の数々が繰り返される。これは一体ナゼなのか? 本書を読むと大分すっきり。

目次
第一章 従軍慰安婦問題-日本コンプレックスの深層
第二章 対日「抵抗史観」の神話
第三章 韓国人作り-反日教育はなぜ必要か
第四章 はてしなき「謝罪」要求の根拠
第五章 中国の影-「日王」という呼び方
第六章 日帝風水謀略説-「光復五十周年」の反日風景?
第七章 旧総督府解体-「光復五十周年」の反日風景?
第八章 日帝の残滓-「光復五十周年」の反日風景?
第九章 新たなる「日本」の影
第十章 「日韓問題」は存在しない

韓国の「反日」の数々の裏にある、あちらの事情には切なさすら感じてしまう。歴史とはただそこにあること、事実のみであるという認識とは、違った認識がそこにはある。歴史を立て直さなければならない、歴史を見直さなければならない、韓国という国。「日本」を利用してきた政治家、マスコミの所業には呆れてしまう面もあるけれど、国家間の問題として、日本の対応ももう少し何とかならないのか、と思った。「謝れ」と言われたから、なんだか良く分からないけど謝っちゃうというような対応は、個人の間でも不味いものだと思うけれど、ましてやそれが国家間の話となっては。外交ってもっと強かなものではないの?

これは平成11年に刊行されている本であり、既にご存知の方も多い情報だとは思うけれど、今もまだ内容は古びてはいないと思うし、私は色々スッキリしました。ネットの論調などは、最近はこういった話を踏まえたものが多くなっているとも思いますが。

ところでこの本は、韓国を批判するだけの本ではない。返す刀で日本のマスコミや、日本の一部「知識人」を斬っている。「反省と謝罪」に寄った彼らの論は、韓国をただ自らの正義感と満足させるためのテーマとして利用したものであり、真実を見ているかというとそれは疑わしい。

互いに互いを良く見る、知ることが出来るようになるといい。そういった意味でも、これはただの批判本ではなく、お隣の人たち、韓国との付き合い方を知るための、一つの見方を提示した良書だと思う。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/585-2e9bcada
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。