スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ローマ教皇検死録」/ヴァチカンから世界が見える?

 2006-03-09-20:39
小長谷 正明
ローマ教皇検死録
中公新書

少々悪趣味かな、と思いながら借りてきたのだけれど、神経内科医でもある著者が書いたこの本は、雑学的な面白さもあったし、中世の歴史をヴァチカンから眺めることが出来る、非常に興味深い本だった。

目次
はじめに-大聖年のヴァティカンにて
? 神の代理人たちの病いと死
? 教皇庁に渦巻く暗殺疑惑
? 女教皇ヨハンナ伝説
? マラリアは「ローマの友だち」
? 黒死病の黙示録
? コロンブスの年の輸血
? 教皇になった医者
あとがき
参考文献
? 神の代理人たちの病いと死
第二千年期(1000~1999年)の教皇たちの、神の許へ召された様を通して、ローマ教会の歴史をみる。

? 教皇庁に渦巻く暗殺疑惑
ルネサンス華やかなりし頃の「ボルジア家の毒」の話から、1981年のヨハネス・パウルス二世への暗殺未遂事件まで。領土や軍事力のない現在であっても、暗殺が試みられたり、噂が流されるのは、やはりローマ教皇の影響が、カトリック教徒のみならず世界中の人々に及んでいるから。

ちなみにこの章には、「グノーシスの薔薇 」に出てきたレオ十世が一部登場する。ほんとに痔の持病があって、聖職者にも関わらず狩猟好きであったのに、馬に跨る事が出来なかったそうな。そんなわけで、馬には横すわりで乗り、悪臭がしていたらしい(ただし、この臭いに気付いてはいけません。汗)。

? 女教皇ヨハンナ伝説
キリスト教と女性との関わりについて。
(女教皇については、おそらくは実在し、医学的には仮性半陰陽であったとの考察が載せられている)

? マラリアは「ローマの友だち」
「ローマの友だち」、マラリアについて。ヴァティカンのあるテヴェレ川右岸には、沼地が広がり、「悪い空気(これが、「マラリア」という言葉の元になった)」が漂っていたという。「ローマの友だち」は、外からの侵入者の前に立ちはだかる。

? 黒死病の黙示録
ヨーロッパをたびたび襲った、恐ろしいペストの流行について。

? コロンブスの年の輸血
1492年は、世界史上の重要な出来事があった年だという。イベリア半島におけるイスラム勢力の最後の拠点、グラナダがキリスト教徒連合軍によって陥落し、レコンキスタがなり、またスペイン女王イザベラのサポートを受けたコロンブスが、新世界を発見した。これらの他に、この年、ローマ教皇に輸血を試みた、という記録が残っているのだという。

? 教皇になった医者
文字通り、「教皇になった医者」について。中世の医者についての記述や、キリスト教と医学との関わりについても記述あり。

中世では、キリスト教の考え方が、科学や医学に多大な影響を及ぼしており、そういった視点からの語りも興味深かった。今でも中絶などに関しては、キリスト教の影響が欧米などで一部強い地域もあるけれど。

佐藤賢一作品に親しんでいる人などは、楽しく読める本だと思う。中世ヨーロッパの理解が、より多角的になるかも?(いや、直ぐ忘れそうだけど)

「女教皇ヨハンナ」も読んでみたいけれど、これってまだまだハードカバーだよなぁ・・・。

ドナ・W.クロス, 阪田 由美子
女教皇ヨハンナ (上)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/578-e73addd0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。