スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「触身仏」/民族学ミステリー

 2006-03-20-22:02
 
北森 鴻
触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉 

つい先日、同シリーズの
「凶笑面」 を読んだばかり。その時はちょっと微妙に思い、評価保留にしていたのだけど、これは大分バランスも良くなって、なかなか面白かった。前回、微妙と思ったのが、探偵役の「蓮丈那智」の人物造形。今回は?だけあって、お披露目的な説明の部分が大分減ったからか、助教授「蓮丈那智」にあまり違和感を覚えなかった。

?と同様、今回も短編が連なるスタイル。
一つ一つの区切りがあるので、これも読み易さの一因かも。

目次
秘供養
大黒闇
死満瓊
触身仏
御蔭講

民族学的薀蓄と現実の事件がリンクするスタイルをとっているので、民族学的部分と謎解きの部分のバランスが難しい。「秘供養」などは民族学的なアプローチは面白かったけれど、殺人事件の顛末はあれれという感じ。
バランスという意味でも、面白かったのは「触身仏」と「御蔭講」の二編。「触身仏」は、生きながら仏になる即身仏のお話。「御蔭講」は、助手内藤三國の講師昇格がかかる、「御蔭講」の解釈のお話。

前回、助手のミクニが苦労していた教務部の狐目の男が、実は那智の同窓生で如何にも曰くありげだったり、まだまだこのシリーズは広がっていきそう。実は別シリーズで骨董業界を描いているらしい(前回、ここの登場人物が、凶笑面にもちらりと登場)、「狐罠」も借りてきてしまったのだ。なんだかんだで、ちょっぴりはまってます、北森鴻さん。

民族学の「記号」の話が、面白い。製鉄民族にも興味がわいてきたな~。
「もののけ姫」に出てきたのも、あれって製鉄民族なのかしらん。

 ← 文庫化&ドラマ化されていたようです
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/567-dd6e1844
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。