スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

漢字バトン!

 2006-03-27-20:46

有閑マダムさんから、漢字バトンを頂きました
しかし、私がモタモタしている間に、マダムはブログをお留守に。涙
遅くなってしまい、すみませーん。

マダムには以下のような、勿体無いお言葉を頂いたのですが、いやー、私、全然漢字に強くないのです・・・。特にPCで文を書くようになってから、駄目駄目です(マダムも書かれてますけど、手書きの漢字が不恰好で、合ってるのにどうにもおかしく思えたり・・・。汗)。

 「たくさんの本を読んで、いつも丁寧な書評を書かれるつなさん。漢字にも強そうですよね~!つなさんのイメージ漢字は、「智」。生活の中で遭遇する出来事や景色、読んだ本や人との会話などを糸口に、自分の中で思考し、噛み砕いて、それらの思考結果が全部栄養になって吸収されていくような印象です」
(以上、有閑マダムさんより♪)

私の有閑マダムさんの漢字イメージは「」。「有閑マダム」というHNから受ける印象と全く違うマダムさん。ある意味確信犯的なこのHNにも魅せられますし、バックパッカーをされていたという意外な過去、ご自分の経験に裏打ちされたような丁寧な映画評など、魅力、魅惑溢れるマダムさんなのです♪


では本題に。

? 好きな漢字

いきなり、ここで躓いたのですよ。む、難しい。
とか、とか・・・。少々、宗教的?

? 前の人が伝えた漢字に対するイメージは?

:り、ことわり。重要ではあるが、情なくしては少々扱いの難しいもの。
:そう、さわやか。爽やかに吹き抜ける風
:りゅう、ながれる。水のイメージ。ピアノなんかを弾いていても、ドラマチックでメリハリのある曲は苦手で、流れるように弾くものの方が得意(てか、それの方が絶対簡単?笑)でした。良くも悪くも、「流れる」若しくは「流される」は自分のイメージかもしれません・・・。

? 次の人に伝える漢字三つ

うーん、「言葉」じゃなくって、「漢字」なのかー。

(葉)
(像)
(粋)

(でも、無理矢理「言葉」にしてしまいました。笑)

? 大切にしたい漢字は?

大切にしたい漢字って、うーん、どういう意味なのでしょう。
いや、みんな大切にしたいと思うんですけど・・・。

? 漢字をどう思う?

便利! ビジュアルも美しく、推察する事も出来る。
最強のグラフィックデザイン。

? 好きな四字熟語を3つ

小心者なので、大胆不敵にも憧れるし、自分にはこれといった志はないけれど、初志貫徹もいいですね。マダムも書かれておりますけれど、才色兼備にも憧れます。笑 お酒を飲んで、羽化登仙の心境に至るのもいいですね。

いや、四字熟語って言われると、隔靴掻痒とかなぜかそんなフレーズしか浮かびません・・・。汗 そういえば、むかーし、中学生の頃、松岡英明氏にはまっておりまして、「以心伝心」なんか好きだったなぁ~(って、お分かりになります? 松BOWの曲なのです)。曲と言えば、エルガーの「威風堂堂」も好きです、ってどんどんズレてるよ・・・。

? 次に回す人と、その人をイメージする漢字

実はとらさんに回そうと思ってたのですが、既に回っていたのですな。笑

とらさんのイメージは、お日さまの「」。 goo辞書より引いた、
 (1)物事の表立ったところ。
 「陰に―に世話をする」
 (2)易学の二元論で、陰に対するもの。天・男・日・昼・動・明・奇数など、積極的・能動的であるとされるもの
なども、とらさんのイメージです。

いつもバトンをお願いしてしまっているのですが、喋喋雲さん 、もしお時間がありましたら、如何でしょうか? 喋喋雲さんの漢字イメージは、とらさんは「」を上げておられますが 、そうだなー、軽やかで清澄なイメージから、私は「」。ちと地味か?、とも思うのですが、同じくgoo辞書から引くとこんな感じ。

 (1)にごりやけがれがない。きれいである。さわやかだ。
 「―・く澄んだ秋の月」「―・い流れ」
 (2)世俗的なよごれにおかされず純粋である。心によごれがない。
 「少女の―・い瞳」「―・い心」
 (3)物欲や肉欲とかかわりがない。
 「―・い交際」
 (4)未練がなくさっぱりしている。いさぎよい。
 「過去のことは―・く水に流して再出発しよう」
 「人手にかからんより、―・き自害してみせ申さん/曾我 10」    
 (5)(連用形の形で副詞的に用いられて)残るところがない。
 「―・う忘れてやみぬる/枕草子 276」

3、5は関係なくって(清い交際って!笑)、1、2、4がイメージです♪
お時間あったらで結構なので、もし気付かれたらよろしくお願いいたしまーす。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/562-a0036d35
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。