スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「おしろいとスカート」/妖精の物語

 2006-04-07-22:42

アーサー クィラ・クーチ, Arthur Quiller・Couch, Kay Nielsen, 岸田 理生, カイ ニールセン
おしろいとスカート
新書館

「12人の踊る姫君」 と対になる本。私は先に「12人~」の方を読んでしまったのだけれど、こちら、「おしろいとスカート」の方に、編者である「通称Q卿による前書き」が寄せられているので、こちらから読むほうが正解のよう。物語としてはどちらからよんでも差し障りはないけれどね。

原題となっている「パウダー・アンド・クリノリン」はカイ・ニールセンの発案によるもので、Q卿はこのタイトルに諸手を挙げて賛成したそう。パウダー(おしろい)とクリノリン(スカート)とは何か? 妖精物語の変遷史のなかで、パウダー(おしろい)時代」と名付けられる時期、クリノリン(スカート)時期」と呼ばれる時期が過去あったのだそうだ。そしてこの二冊の本には、「パウダー期」から四篇、「クリノリン期」から三篇の物語が収められている。

パウダー期は妖精物語の黄金期であったため、どれを選ぶかという楽しい悩み以外に苦労はなかったそうだけれど、一方の「クリノリン期」でQ卿たちは困難にぶつかったのだとか。この時代、クリノリン*をはいた貴婦人、山高帽をかぶった紳士の周りには、妖精たちは飛んでいなかった模様(妖精物語があんまりないのに、「クリノリン期」とはこれ如何に?、とも思うけど)。

*クリノリン:スカートを大きく優雅にふくらませるため硬い布、針金や鯨骨の輪を使って作った一種の巨大なペチコート。1840年代から1860年代の終りごろまで、ヨーロッパ中に大流行した。フランスの第二帝政、イギリスのビクトリア女王の時代を飾るファッションの一大エポックである。
目次
通称Q卿による前書き
ミニョン・ミネット
フェリシア-または撫子の鉢
ジョンと幽霊

あとがき風に 岸田理生
解説 宇野亜喜良

一番印象深かった、「ミニョン・ミネット」について少し。これは、王家の命名式には必ず妖精たちが招かれていた頃のお話。幼い頃に両親をなくした少年王スーシは、名付親の妖精ジルエットに養育されて成長した。ジルエットは底抜けに気の良い妖精だったけれど、唯一つ、十分と落ち着いて物事を考えられないという欠点を持っていた。そう、「ジルエット」という名は、まさにくるくると意見の変わる風見鶏を意味している。

悪気はないけれど、風見鶏のようなジルエットは、スーシの養育に成功したとは言い難い。スーシは美貌と才気、学識を備えた青年だったが、「人を喜ばせる」性質に欠け、また世間を知らず、自分の能力を発揮する手段を知らぬ青年だった。そうこうする内に、国内の経済は破綻をきたし、ついには内乱まで起こってしまう。そんな中、ジルエットはよんどころない用事で隣国に出かけたまま、帰ってこなくなる。

国政が混乱をきわめる中、臣下たちはスーシの花嫁選びに活路を見出そうとする。

隣国のふわふわと文字通り飛んで行ってしまう、ディアファニー姫との見合いに失敗したスーシは、一人ひっそりと旅に出る。スーシが辿り着いたのは、妖精王アヴェリーヌが、スーシ同様早くに両親をなくした王女ミニョン・ミネットに代わり、執政としてまつりごとの実権を握っている国。 本当の母親以上にミニョン・ミネットを慎重に育て上げてきたアヴェリーヌは、スーシにミニョン・ミネットの花婿候補としての試練を与える。彼を王と証しだてるもの全てを奪われ、自分の力と才能しか身に着けるもののなくなったスーシは無事にミニョン・ミネットを射止めることが出来るのか。

スーシもミニョン・ミネットも実に爽やかな若者で、美しい挿絵とあいまって、いい物語でありました。ミニョン・ミネットは王女ではあるけれど、ただ守られるのを待つだけの姫ではなくって、自ら危機に陥ったスーシを助けに行ったりもするのだ。

もう一つ、ジョンと幽霊」も面白かった。 ジョンにすっかり手玉に取られて、憮然とした幽霊がちょっと可哀想でもあるんだけれどね。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/545-1fde8f34
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。