スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「翻訳者の仕事部屋」/翻訳者・深町さん

 2006-04-17-21:30
深町さんといえば、私が最もお世話になったのは、メアリ・H・クラークの一連のサスペンス物。そのハーレクインロマンスも真っ青な展開に飽きが来て、途中リタイアしたものの、最初の頃は結構面白かったように思う。深町さんには、その他にも色々な訳書があって、例えばこのブログの中で言えば、クリスティの「さあ、あなたの暮らしぶりを話して 」なども、深町さんの手によるもの。

深町 真理子
翻訳者の仕事部屋
飛鳥新社


さて、今日のこの本は翻訳者・深町さんのエッセイ集。あちこちに散らばったものを集めたものらしく、幾分重複しているところもあるものの、私は興味深く読みました。プライドを持って、生き生きと仕事をしておられるので、生き方の本と読んでもいいのかもしれません。

訳者は役者。役者は台本を、訳者は原著を読んで、そこに書かれていることを自分なりに咀嚼し、解釈をする。両者の違いは、その表現に用いるのが、役者は自分の肉体であり、訳者は自分の言葉であるという、ただそれだけ。小説というものは、何を語るかだけではなく、いかに語るかに作者が心血を注いだもの。何を語っているかを正確に伝えるだけでは不十分であり、いかに語っているかを伝える事が出来てはじめて、翻訳の名に値すると言えるだろう。

こう語る深町さんの翻訳の話、日常の話、翻訳から離れた純粋な読書の楽しみの話などなど。

目次
? 私の翻訳作法
? 仕事机から離れて
? こんな本を訳したり読んだり
フカマチ式翻訳実践講座


【メモ】(:以降は、私の感想)

・「アンネの日記」を訳しながら、感じたご自分の戦争体験との共通点
・ノルウェーの木造教会スターヴヒルケ:ノルウェーも面白そう。
・章タイトル「十月はブラッドベリの月-」(?より):郷愁を感じるというブラッドベリ。私はなぜ読んでいないのだ?
・スティーヴン・キングは末端肥大症である。彼は本質的に”語ること”の好きな人で、プロットの妙や、構成上のバランスよりも、まずは語りたいことのありったけを、その場その場の描写にぶち込んでいかないと気がすまない:一字一句、同感
・深町さんが、京極さんの「狂骨の夢」を読んでた!

・折原一さんもお気に入りらしい?

・皆川博子「死の泉」:以前読んで、面白かったのに、すっかり内容を忘れている自分に気付く。ガーン。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/538-ff280fba
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。