スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ちいさなちいさな王様」/大きくなるってどういうこと?

 2006-04-24-21:29
アクセル ハッケ, Axel Hacke, Michael Sova, 那須田 淳, 木本 栄,
ミヒャエル ゾーヴァ
ちいさなちいさな王様 」?

私たちが住むこの世界では、人間は何も出来ない、何も知らない赤ちゃんとして生まれ、成長して、知識を増やし、大人になる。でも、この表紙に見える、分厚い深紅のビロードのマントをまとった、太った小さな王様の世界ではそうではないのだ。

王様は、名を十二月王二世という。彼の父は十二月王一世、そのまた父は一月三日王という(この辺、原語だとどういう風になっているのだろう。何か意味があるのだろうか)。

さて、この小さな王様に言わせると、私たちの世界の方が非論理的であり、王様の世界の方が理にかなっているのだという。

「最後にいなくなるっていうなら、どうしてはじめにいちばん大きくて、次第に小さくなって消えていくっていうふうにならないのかね?つまり、けしつぶみたいに小さくなって、とうとう見えなくなるという意味だが」

王様の世界では、何でも知っており、何をやらせてもそつなく出来る、そういう状態で人は産まれ出るのだという。人生というのはある日起き上がって、それで全てが始まるのだ。ただし、王様の世界では大きくなるにつれ、次第に物を忘れ、小さくなっていくのだという。そして最後には見えなくなってしまう。

小さくなって、忘れていく事は悲しいことかって?いえいえ、決してそうではない。仕事や人生の雑事から解放され、頭の空いた空間は遊びや空想で埋める生活。小さい方が人生経験豊か。小さい方が偉いのだ!大きな連中などに、文句など言わせてなるものか!

これは気まぐれに「僕」のところにやって来るようになった「小さな王様」と、ちょっぴり人生に疲れた普通のサラリーマン、「僕」とのお話。

目次
1 大きくなると小さくなる
2 眠っているときに起きている
3 存在しないものが存在する
4 命の終わりは永遠のはじまり
5 忘れていても覚えている

美しい挿絵といい、少々意味深なタイトルといい、これは大人の童話。余裕がないときに読むと、ちょっと辛いかもしれませんが、私はこの王様のお話、好きでした。

「おまえのところについて、ちょっと話してくれるかね」

絵も好き、王様の少々尊大な物言いも好き。

そして、なかなか素敵な、王様の世界での生命の誕生場面。

「地面についたとき、二人がちゃんとしっかりと抱きしめあい、なおかつ、目もちゃんとしっかり閉じていたら、地面はまるでトランポリンのように弾み、その勢いで二人は天までとびあがることができる。そのときに、二人は空から星をひとつ取ってきて、それをベッドの中に入れておく。朝になると、そいつが目を覚まして、おれたちの一人となるわけだ」

*この本のことは、柳田さんの「砂漠でみつけた一冊の絵本」 で知りました。
*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/535-94fc2ffe
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。