スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「過去カラ来タ未来」/アシモフが見た“過去の未来”

 2006-05-03-18:21
 
アイザック アシモフ, 石ノ森 章太郎
過去カラ来タ未来 
パーソナルメディア

ここに一組のカードがある。それは、1899年に西暦2000年の生活を想像して描いたシガレット・カードなのだという。

1900年、フランスで開催された万博で配布される予定であったのに、カードが配布される前に、製作に関与していた玩具会社が廃業に追い込まれてしまったのだそうだ。プロジェクトは全て潰れてしまったが、一組のカードだけが、そこに残った。

これは「名雑文書き」であるアシモフが、興味を持ったこのカードの内の多くを、複写して紹介してくれる本。

監修者である石ノ森章太郎氏が書かれる様に、「無名画家の、ともすれば消失していてもおかしくない“空想画”に対するアシモフの眼は、ユーモラスで温かかったり皮肉っぽく辛らつだったりする。遙かな未来の、とてつもない空想話(デタラメ)を書くSF作家かと思うと、UFOなどは信じませんという、冷徹な科学者でもあるアシモフの両面が、そこに現れている」本でもある。面白かったよ。アシモフが語る「未来主義者」の定義も面白い。

紹介されたカードのうち、飛ぶものの比率がとても高くて、当時の人たちは飛行機に多大な期待を寄せていたのだろうなぁ、と思う。といっても、大勢を運ぶジャンボ機のようなものは想像できなかったらしく、一人一人が身軽に飛行機で飛んでいるような感じ。このカードの中で、大勢の人たちを運ぶのは、気球と船が合体したようなもの。西暦2000年を迎えても、階上の窓辺に直接郵便を手渡してくれる郵便夫や、飛びながら消火活動する消火夫、空のカフェ(飛行機に乗りながらのドライブスルー?)なんかは、出来なかったけれど、こういう想像をしていたんだなぁ、と眺めるのは楽しいこと。こう、車の運転が苦手な私からすると、ドラえもんのタケコプター状のものが出来るといいな~、と思うんだけどね(ま、これじゃあんまり、荷物は持てないか・・・)。

その他、未知の世界、深海についても、なかなか楽しい想像がなされている。とはいえ、想像力の限界があるのか、人々の衣服は当時そのままだったりするんだけれど。海の底で裾を引きずるスカートってどうなんでしょう・・・。

今から、100年後の世界はどうなっているのだろう。
普通に宇宙に行ける様な時代になっているのかなぁ。

*臙脂色の文字の部分は、引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。


【余談】
ちょうど、パリの万博を描いた物語といえば、帚木 蓬生 の「薔薇窓」という本がある。「音奴」についてはうーむ、と思うのだけれど(というか、帚木氏の描く女性像は、時々理想化され過ぎていて、ついていけない)、こちらもまた当時の雰囲気を知る意味では面白い本。

 
帚木 蓬生
薔薇窓 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/527-7788f1d3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。