スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「密やかな結晶」/消えていってしまう・・・

 2006-05-16-21:49
小川 洋子
密やかな結晶


主人公の小説家である「わたし」が住む島では、ある変わった現象がもう長い間続いている。それは、「消滅」として知られ、人の心の中から、物に付随する記憶及び思いが無くなってしまう事を指す。

一度「消滅」が起これば、物を見てもそれが何であったか、思い出すことも、再びそれらを味わう事も出来ない。香水の匂いも、オルゴールの音も、島の人たちは、もう二度とそれらを味わう事は出来ない。

人々は「消滅」による心の隙間を埋めるように、既に消滅してしまった物を、捨て去ったり燃やしたりする。それらは既に持っていても仕方の無い物であり、ざわめく心が物自体の消失を求めるのだ。

実は島に住む人間、全てが「消滅」を経験するわけではない。心の中の記憶を無くさない人間も、数は少なくともいるのだ。彫刻家であった「わたし」の母がまさにそうだった。彼女は幼い「わたし」に、既に喪われた物たちを隠した、引き出しの中身をそっと見せるのだった。しかし、その母は既に亡い。秘密警察に連行された後、不可解な病死を遂げたのだ。

中盤からは、小説家である「わたし」が書いている小説と、島の描写が交互に続く。「わたし」がこれまでに書いた小説も、全て何かを無くした人々を描いていたが、ここでもまた、声を失ったタイピストの女性とその恋人が描かれる。声を失って、そして所有される、タイピスト。失うこと、無くしていく事は、輪郭を失うことでもある。

「消滅」を扱う、秘密警察の取り締まりは段々と強化され、島の「消滅」もまた加速していく。記憶を失わない人々は、秘密警察による「記憶狩り」に連行されてしまう。

「わたし」と仕事を共にする、編集者のR氏もまた、記憶を失わない人々の一人であった。「記憶狩り」が激しさを増したため、「わたし」はR氏を匿うことにする。おじいさんの協力を得て作った隠し部屋は、小さいけれど全てが事足りるようになっている。

そうこうする内に、島からは「わたし」の生業である小説が消滅し、おじいさんは地震により住んでいたフェリーを失ってしまう。「わたし」とおじいさん、R氏三人の暮らしが始まる。

記憶を失っていくおじいさんと「わたし」、記憶は失わないけれど、隠し部屋でひっそりと暮らすR氏。R氏の心は小さな隠し部屋の中で、どんどん濃密になっていくようである。それに比べて、すかすかになっていくおじいさんと「わたし」の心。

消滅はどんどんと進んでいく。とうとう、島の人々は自分の体の一部までをも失い始める。そして、最後は・・・・。


感想を書くのが難しい、雰囲気で読むような物語。静かな、静かな物語。淡々と進む物語は好きだし、きっとこの物語全てを読み取れていないんだろうけど、好みで言えば「沈黙博物館」の方が好きだなぁ。

「忘れてしまう」ことと「消滅」は違う。島の人々は、淡々と「消滅」を受け入れているのだけれど、実際にこんな事が起こったら、とちょっと怖くなった。「消滅」を経験する方が普通で大勢を占め、そうではない場合は、秘密警察に狩られてしまうのだけれど、そうであっても「消滅」を経験したくはないよなぁ。

そして、物は「記憶」があるからこそ、機能するものなんだよね。記憶や思いが無ければ、それは既に「その物」として存在出来ないのかもしれない。

☆関連過去記事☆

「博士の愛した数式」  (現在、コメント停止中。英文スパムめ~)
「沈黙博物館」

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/515-d8466579
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。