スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ゴルゴン―幻獣夜話」/異形のものたち

 2006-05-25-21:52
タニス リー, Tanith Lee, 木村 由利子, 佐田 千織
ゴルゴン―幻獣夜話

表紙の美しさに惹かれて、古本屋にて購入♪

私のタニス・リーのイメージは、幻想的で美しくエロティックというもの。
幻獣夜話」という副題があるように、きっとまたそういう作風なのかなぁ、と思っていたら、意外にもちょっとコミカルな現代ミステリ調のものもあり、切なく美しいお話あり、と色々な作風を楽しめてしまった。

目次
ゴルゴン
アンナ・メディア
にゃ~お
狩猟、あるいは死―ユニコーン
マグリットの秘密諜報員
猿のよろめき
シリアムニス
海豹
ナゴじるし
ドラコ、ドラコ
白の王妃


◆「ゴルゴン」◆
小説を書くために、ダフォー島に渡ってきた「私」は、沖近くに浮かぶ小島に興味を持つ。「地元向けに口から出まかせを並べ、地元向けにとびきりの愛想笑いを浮かべ、そして地元向けに、さらにとびきりの価格を払えば、それと引き替えに、欲しいものは何でも手に入るはず」のこの島で、なぜか島の人々は小島に渡る事を拒否するのだった。
「私」が小島で出会ったのは、ヨーロッパ風の二階建ての建物に住み、仮面を被った奇妙な女。島の人間が忌んだのは、ゴルゴンの顔を持つこの女。ゴルゴンは伝説の通り、本当に人を石に変えるのか?

◆アンナ・メディア◆
両親も手を焼く、恐るべき子供達の元にやって来たのは、家庭教師アンナ・メディア。彼女は苦もなく、子供達を手懐けるが、屋敷には不気味な黒魔術の影が・・・。

◆にゃ~お◆
現代ミステリというか、ホラー調? アシモフ編のアンソロジーなんかに、入ってそう(「犬はミステリ」はあるのに、そういえば、猫のはないのかしらん)。
スティルの恋人・キャシーは、両親の遺した屋敷にひっそりと住まう、若い女の子。問題はそこが猫屋敷の呈をなし始めていたこと。スティルはキャシーを屋敷から引き剥がそうと試みるのだが・・・。

◆狩猟、あるいは死―ユニコーン◆
これは、全くタニス・リーらしい作品のように思う。
両性具有、生まれ変わり変質していくものたち・・・。

◆マグリットの秘密諜報員◆
これも途中までは、現代ミステリ風の味付けに感じた。
下着売り場で働く「わたし」はある日、車椅子に乗せられた非常に美しい青年と出会う。青年は非常に美しいけれど、その瞳には何もうつしておらず、彼を介助するのは、彼と似ても似付かぬでっぷりとした黄色い女、ミセス・ベスマス。
ミセス・ベスマスは、かの美しき青年、ダニエルを正当に扱っていないと感じた「わたし」は、義憤若しくは恋情に駆られ、二人の住まいに押しかけるのであるが・・・。

◆猿のよろめき◆
少々、変わった冒険譚?何というか、冒険好き、若しくは植民地趣味の英国人を皮肉ったような物語。ええ、主人公も「栄国人」のエドモンドだしね。
青く艶のある肌、燃え立つ琥珀色の髪、おまけにサファイアの瞳を持つ、尋常ではない美しき魔物から、エドモンドは逃れる事が出来るのか?

◆シリアムニス◆
アポロのような麗しい若様が買った、美しい奴隷娘・シリアムニスの正体とは。
これ、ちょっと気持ち悪かったよ。

◆海豹◆
殺伐とした無口な男、ハス・ハラスが、本土の女との約束のために、狩った見事な海豹の毛皮は一体誰のものだったか。
荒涼とした島、デューラの風景、<海の民>シールスの哀しみが印象深い。

◆ナゴじるし◆
彼の美しいペット達。それは、地球の言語であらわすならば、「猫」に相当するものたち。しかし、彼らはとんだ無法者だった!

◆ドラコ、ドラコ◆
<ドラゴン殺し>のお話。

ビス・テリビリス(二倍怖いのは)―
ビス・アペラレ(二度呼ぶこと)
ドラコ!ドラコ!(竜よ!竜よ!)

語り手の「わし」の背景が気になる。英雄、騎士に対する、少々皮肉な見方が面白かった。あと、引用したこのヘンな呪文のような言葉が妙に気に入った。ドラコ!ドラコ♪、と意味なく呼ばわりたくなった。

◆白の王妃◆
美しく、切ない物語。年老いた王の元に嫁いだ、若く美しいブランシュ。ところが、新婚初夜に老王は身罷ってしまい、寡婦となった彼女は、無人の塔で一人死ぬまで暮らすことになった。そこに現れたのは、真夜中よりも黒いカラス。白と黒の対比、若さと老いの対比の残酷さが美しい。
童話の趣きもあり、アーサー クィラ・クーチ編、カイ ニールセン画「十二人の踊る姫君 」 のような構成の本にしたら、さぞ美しかろう、と思った。

☆関連過去記事☆
幻獣の書-パラディスの秘録 」/醜き獣
(同じくパラディスシリーズである、「堕ちたる者の書」は挫折しましたが、こちらはうっとり読みました・・・)

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/509-1ce4b714
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。