スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「鳥づくし」/真面目な顔してウソを言い

 2006-05-27-20:45
 
別役 実
鳥づくし―真説・動物学大系 続 
「鳥は鳥であるか」
の章から始まる本書は、「鳥とは一体何であるか?」、それを我々は実は全く知らないのだ、という前提から始まる。そして、我々がこれまで鳥だと思っていたものが、実は鳥ではないかもしれない、そんな目を持つ事から、「新しい鳥学」が始まるのだと、一席ぶつ。

何といおうが、鳥が鳥であることは自明のことであり、ここから少々荒唐無稽な本書は色々な方向へと広がっていく。

こういった本は、洒落に寄るか、馬鹿馬鹿しい方に寄るか、難しい所であると思うけど、残念ながら本書は大分馬鹿馬鹿しい方に寄ってしまっている。そんなわけで、所々は、「そんなわけないじゃん!」とイラっと来る事も。
でも、章のタイトルや扉絵はなかなか好みであったのだ。

幾つかの章について少し。

◆「威風ドードー」◆
ドードー鳥は、周知の通り、人為的に短期間で絶滅させられた鳥として有名である。ドードーはどうして、飛んで逃げる翼もなく、武器として使うことも出来ぬ嘴を持ち、逃げ足も遅く、木に登る事も出来ずに、「生きてゆくことが出来る」と考えたのであろうか。
ドードーは「文明」に対して、全く無用心に進化してしまった種である。
ドードーはなぜこのような特殊な進化を遂げたのか?

◆「唄を忘れたかなりや」◆
小さく儚いかなりや。
「唄を忘れたかなりやは、うしろの山に棄てましょか」の詩や、炭鉱で有毒ガスの探知機とされる事に代表される、我々のかなりやに対する思いとはいかに?
かなりやには、人間本来が持つ、残酷で野蛮な本性を呼び覚ます力がある。

◆「バード・ウォッチングの正しいはじめ方」◆
バード・ウォッチャーとは、ただ漫然と鳥を見る人を指すのではない。

タイトルに「続」とあるように、これの前に更に本があるようなのだけれど、それを読むかどうかは微妙な感じ。また、図書館で見かけたら、借りてもいいかな位。
でも、ちょっと表紙が綺麗でしょ? (よーく見ると、かなり不思議なんだけど)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/508-a8d66744
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。