スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「世界の車窓から」/またまた鉄道の旅

 2006-06-15-21:33

世界の車窓から―あこがれの鉄道旅行〈VOL.2〉大自然を駆け抜ける
テレビ朝日

Vol1 の副題は「遺産と古都をめぐる」。対する今回のVol2は、「大自然を駆け抜ける」Vol1とは、また違った良さがあった。ま、いずれにせよ、どちらもページを繰りながら、「うっとり」ではあるんだけど。

スイス鉄道に見られる湖の青と木々の緑も良いし、中国・モンゴル鉄道の果て無く広がる茶色の世界も面白い。単純に美しい大自然だけではなく、フランスはトゥールーズの赤レンガ、キューバ鉄道の砂糖きび畑、セネガル・マリのバオバブの中を走りぬける鉄道など、その土地ならではの車窓の風景が素敵。

Route1 アルプスと湖が織り成す絶景を行く
      スイス鉄道の旅
Route2 光あふれる幻想的な世界を駆ける
      モロッコ鉄道の旅
Route3 豪華列車でロッキー山脈へ向かう
      カナダ大陸横断鉄道の旅
Route4 地方色豊かな田舎をめぐる
      フランス鉄道の旅
Route5 果てしなく続く砂漠から草原の国へ
      中国・モンゴル鉄道の旅
Route6 手つかずの自然あふれる海岸線を走る
      ニュージーランド鉄道の旅
Route7 プラハ発ルーマニアの原風景を訪ねて
      東ヨーロッパ鉄道の旅
Route8 砂糖きび畑の大地を走る情熱の列車
      キューバ鉄道の旅
Route9 秋色に染まりゆく森と湖の国
      フィンランド周遊鉄道の旅
Route10 バオバブの林を抜けアフリカ内陸部へ
      セネガル・マリ鉄道の旅

ルートマップ
[特集1]  イギリスの保存鉄道
[特集2]  中南米の秘境鉄道

この番組は映像も素敵だけれど、本にしてもまた違った良さがある。特集のタイトルも気になるでしょ?(イギリスのまるでおもちゃのような保存鉄道の可愛らしいこと!) 番組の裏話を知ることの出来る、「ディレクター日誌」がまたいいんだ(しかし、やはり色々苦労しているのね・・・)。丁寧な作りの本書は、美しいイラストによる行程図や、印象的な写真が特徴。この行程図には、その土地の名物なども、非常に分かり易く載せられている。なんと、今amazonを見たら、vol3もあるではないですか。こちらの副題は「歴史街道を走る」。うーん、これもまた魅力的だなぁ。

さて、vol2とは異なり、本書にはDVDがついている。これにより文章で表現された、Route1~10までの全ルートの車窓の風景を映像で見る事が出来る。ただし、テレビ放映されている同名の番組とは異なり、ナレーションは付けられていない。やはりあの番組は、あの短さとナレーションが魅力的なのだなぁ、と改めて思った。ちょーっとDVDは間延びした感じ・・・。ルートが見られるのは嬉しかったんだけどね。ま、これは単純に、私が映像よりも、活字の方に傾いているからかもしれませぬ。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/492-b1d89b35
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。