スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「きみたち、飼主というやつは、まったく」/猫vs飼主、カンカンカン!

 2006-07-03-21:54

スティーブン ベイカー, Stephen Baker, 古屋 美登里, ロジャー ロス
きみたち、飼主というやつは、まったく―ネコたちのユーウツ
アスペクト

ひっじょーに残念な事に、amazonでもbk1でも表紙画像が出ない。
ふてぶてしい顔付きの猫のふきだしに、きみたち、飼主というやつは、まったく」というタイトルが入っている、そんな表紙。英語のタイトルは、猫足スタンプの中に書かれていて、「How to Live With A NEUROTIC CAT OWNER」というらしい。

目次
はじめに
Part.1 ぼくたち、ネコというもの
相性診断
1章 ネコはいかにしてネコとなったのか
2章 ネコの見分け方
3章 ネコが走るのは
4章 きみたちにネコを飼う資格はあるか
Part.2 きみたち、飼主というもの
5章 抱きたがりや
6章 独り暮らし
7章 専門家
8章 動物好き
9章 イヌ好き
10章 赤ん坊
11章 ネコ・コレクター
12章 親ばか
13章 マンション暮らし
14章 ネズミ好き
15章 過保護のママ
16章 遊び好き
17章 勤め人
18章 おしゃべり
19章 さて、それで一番偉いのは
あとがき

絵も綺麗だし、楽しく直ぐに読めてしまう本。

14章の「ネズミ好き」というのは、猫はネズミを捕るものだ、と考えている飼主の事。そうはいっても、今の時代にはねえ。

ネコには逃げまどう生き物を捕まえるよりもするべきことがもっとたくさんある。どうせ忍び足で近づいていくのならば、好物のもののほうがいい。 わけである。

5章から18章の飼主のタイプ別のページには、それぞれ「~の飼主とのつきあい方」や「対応の仕方」「見分け方」「~の飼主がよく口にする言葉」が載せられている。ええ、愛するネコの飼主への対応は、結構ヒドいです。でも、だからこそたまらないのが、ネコという生き物なんでしょうね。

さて、「それで一番偉いのは?」。18章まで読めば、19章の応えは自ずと・・・ねえ?

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/479-b1fbd685
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。