スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「続巷説百物語」/御行奉為・・・

 2006-07-12-22:17
京極 夏彦
続巷説百物語

扉から、そのまま引きます。言葉の調子が実にいいんだよ。

人の世に凝るもの。恨みつらみに妬みに嫉み、泪、執念、憤り。
道を通せば角が立つ。倫を外せば深みに嵌まる。そっと通るは裏の径。
所詮浮世は夢幻と、見切る憂き世の狂言芝居。見過ぎ世過ぎで片付けましょう。
仕掛けるは小悪党、小股潜りの又市。山猫廻しのおぎん。事触れの治平―。
手練手管の指の先、口の先より繰り出されるは、巧緻なからくり、眼眩。
邪心闇に散り、禍は夜に封じ、立ち上がるは巷の噂、物怪どもの妖しき姿。
野鉄砲、狐者異(こわい)、飛縁魔(ひのえんま)、船幽霊、死神、老人火(ろうじんのひ)―。

「御行奉為(おんぎょうしたてまつる)―」

前作を読んでから、あまりに時が経ってしまったので、全然気付かなかったのだけれど、本書は「時系列でまとめると、前作の7つのストーリーの間に今回の各話がそれぞれ差し挟まれるという凝ったつくり」になっていたのだった。言われてみれば、途中に「~の仕掛けが」などというフレーズが、随分入っていたよ。汗
しかし、流石、京極さん。凝ってますね~。

法で裁けぬ悪人に、怪異を利用した狂言芝居で、引導を渡すのは前作と同じ。
前作での事件は、ほとんど金で請け負うものだったけれど、本作の事件は又市らの過去に大きく関わるもの。その分、哀しくやり切れなくもある。

八方丸く治める術は、京極堂の憑き物落としにも共通しているけれど、昭和初期と江戸時代という舞台設定の差が、解決策にもあらわれる。悪人を倒してしまえば嘘も方便。狂った藩主を、領民のために後に領地の護り神とすることだってある。悪しき真実は皆が知らなくともよいことであり、又市の狂言芝居は、「その後」の人々の暮らしまでおさおさ抜かりない。

又市の鈴の音がりんと鳴る時、悪しき行いは怪異の衣をまとい、形を与えられた事で、解決出来るものとなる。 無宿人の又市一味と異なり、唯一堅気の山岡百介。本作では前作に比べ、又市たちの側に随分と寄っている。堅気でありながら、自分が堅気であるとの確信を持てない百介は、あちらにふらふら、こちらにふらふら。彼は、又市らの仕掛ける狂言芝居に信頼性を持たせるための、単なる巻き込まれ役から、仕掛ける側に。とはいえ、堅気の彼と、又市らとの間にはやはり大きな差があるのだ。昼の世界と夜の世界。これらを自在に行き来していたような百介であるが、又市らとの蜜月のような日々はやがて終わる。

後半、「飛縁魔」「船幽霊」「死神」からは話が連続し、一気に畳み掛ける展開に。老人火」は全ての幕引き。又市、おぎんは、そしてあやかしの者となる。

これ、図書館からハードカバーを借りてきたのだけれど、作りも美しい本でした。章の扉に載せられた妖怪画(?)もカラーだし♪ 文庫、ノベルス、色々あれど、単行本もいいねえ。

 ← 文庫

 ← 新書

***スパムトラバが沢山つくので、現在、この記事はトラックバックを外しています。何かございましたら、コメント欄か掲示板でお知らせください***
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/472-a98825ac
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。