スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「異形家の食卓」/田中啓文さんホラー小説

 2008-06-08-21:53
異形家の食卓異形家の食卓
(2000/10)
田中 啓文

商品詳細を見る

田中啓文さん、初読みです。
ほんとはねえ、落語の笑酔亭梅寿謎解噺シリーズを読みたかったんだけど、とりあえずわが図書館があるのがこの本だったの。
ホラーだし、いかにも悪食っぽいし、どうなのかなぁ、とは思ってたんだけど…。

気持ちが悪い話も、読むのは結構大丈夫な方だと自負しておりましたが、これはちょっと辛かった。とにかく悪食だし、悪趣味なんだよー。体液であったり、吐瀉物であったり、体から出てくるものが色々と満載なのです。
目次
にこやかな男
新鮮なニグ・ジュギペ・グァのソテー。キウイソース掛け
異形家の食卓1 大根
オヤジノウミ
邦夫のことを
異形家の食卓2 試食品
三人
怪獣ジウス
俊一と俊二
異形家の食卓3 げてもの
塵泉(ごみ)の王
読んでる最中はその気持ち悪さにばかり目が行ってて、とにかく早く読み終えてしまえという感じだったんだけど、「オヤジノウミ」なんかは実は駄洒落も兼ねてるんだな。屍体食いの一家とは言え、この中ではギャグ色の強い「異形家の食卓」の、鬼退治と鬼胎児なども。ギャグを描くという田中さんとこのホラーとが、いま一つ一致しなかったんだけど、やっぱり同じ人物の違う一面なんですかね。
こんもりとしたまだ温かい吐瀉物とかさ、やたらイメージに訴えてくるところが、また気持ち悪いんですよ。蛆とか膿もたくさん出てくるし、駄目押しのように色々しつこいし。ホラーはやっぱり苦手みたい…。同じホラーだったら、直截的に気持ち悪いものよりも、精神的なものの方がいいなぁ。「ずっとお城で暮らしてる」とかさ。

今度はちゃんと笑酔亭梅寿謎解噺シリーズを読もうっと。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/47-d2eea559
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。