スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「メイン・ディッシュ」/二人の「ねこ」の物語

 2006-07-30-21:12
 
北森 鴻
メイン・ディッシュ

小劇団「紅神楽」を率いる、姉御こと略して「ねこ」。彼女の元には、雪の日に拾ってきた捨て猫のような男がいる。彼女が拾ったのは、これまた略して「ミケ」こと三津池修。年齢も職業も過去も、互いに敢えて聞くことも、話す事もない彼。日ごろ何をしているのか分からないけれど、きちんと家賃を半分納めてくれ、なおかつ料理の腕はプロ級とくれば、文句はない。二人はいい関係を築いているのだ。

目次
アペリティフ
ストレンジ テイスト
アリバイ レシピ
キッチン マジック
バッド テイスト トレイン
マイ オールド ビターズ
バレンタイン チャーハン
ボトル“ダミー”
サプライジング エッグ
メイン ディッシュ

劇団員達が持ち込むちょっとした謎を「ミケ」が解いてくれる、そんな日常の謎系ミステリーかと思いきや、実はもっと凝った仕掛けが施されているのであった・・・。

間に挟まる「アリバイ レシピ」「バッド テイスト トレイン」は作中作とでもいいましょうか、作中のある人物が作った、仕掛けの物語。わけが分からなくても読んでおけば、後できっちり繋がりますです。

さて、このまま半永久的に続くかと思われた、「ねこ」と「ミケ」の暮らしだけれど、ある日ふらりと「ミケ」が出て行ったことでこの生活は終わってしまう。「ねこ」は結局は「ミケ」のことを何も知らなかったわけで、彼自らの意思で出て行かれては、探す伝手すら残されてはいなかったのだ。また、「ねこ」が主宰する劇団にも転機が訪れる。毎週末のように行われたホームパーティーで、「ミケ」の料理を堪能した仲間達もバラバラになってしまう・・・。

「ミケ」とは誰だったのか?
そして、「ミケ」はねこの元に返ってくるのか?

うーん、人にとって、人生のメイン・ディッシュとは誰で、またそれは誰と食べるものなんだろうね。

ちょっと
「支那そば館の謎 」 のムンちゃんを髣髴とさせる、見当外れの推理ばかりしている、座付き作者の小杉隆一のキャラがいいです。?

「ミケ」が作る料理が、これまたすっごい美味しそうなんだ!
大きな謎解きとしては、実はちょっとうーんだったりもするんだけど、ミケの料理に免じて許せてしまう。
人間の男を拾うという点で、ちょっと「きみペ」との関連も思ったんですが、いや、「ミケ」はモモより全然、実際的な面で役に立っています。笑

← こちらは文庫
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/459-79536ab9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。