スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「食べられるシマウマの正義 食べるライオンの正義」/アフリカの動物達

 2006-08-01-00:25

竹田津 実
食べられるシマウマの正義 食べるライオンの正義―森の獣医さんのアフリカ日記 ?

目次
アフリカ―夢の続き
カバの王国
焼魚定食
交尾の丘
オカピと森の民
――コラム――
 ゾウに乗る夢
 キリンの心臓
 進化するサル
 鳥の気持ち
―――――――
死ぬために旅するのか、ヌー
ミリオンのフラミンゴ
至福のサファリ
マサイの魂
よそ見する私
“弱肉強食”ではない!
あとがき

製鉄所の溶鉱炉つきの分析室での務めで身体を壊し、退職した著者は、「夢の続き」で獣医師になったのだそう。退職後、「何がしたいのか」を考えた時、からっぽだった心の中に、少年の時の夢であった「少年王者」が浮かんだのだ。
これは、そんな夢の続きのアフリカ通いを記した本。

とにかく写真がいい!とろりと白い霧に沈んだ夜の青いアフリカ。ミドリの地平線に、ごんごん流れる雲が、真っ青な空に映える一枚。ゾウのアップ、キバシウシツツキを乗せたバッファローのアップ。木の上で昼寝するヒョウ・・・。

このちょっと不思議なタイトル「食べられる~」の由来については、最終章の「“弱肉強食”ではない!」に詳しい。人はライオンの狩りの様子などを見ると、とかくしたり顔で、野生動物の世界は“弱肉強食”だから、などと言いがちである。でも、著者はこの言葉が嫌いで、本当にそうなのか?というお話。

保全区や保護区、またナショナルパークであっても、野生動物と人間、それに家畜との接点はいくらでもあり、家畜に流行病が発生すれば、共通の感受性を持つ野生動物であれば発病、流行してもおかしくはない。しかし、野生動物たちの中には、流行性の重篤な疾患がほとんど見られない。これはなぜなのか?

一般に伝染力の強い重篤な病気であっても、感染直後ではその固体は伝染能力を持たない。一定期間の潜伏期を経て発病し、発病する事で初めて病原菌は外に飛び出す。発病前に殺され、食べられたら病気はその固体だけで終わり、いかなる病原体であっても、流行することはない。

早く食べられるべきそんな固体たちが、美味しそうにみせたり、美味である事を主張し、先に食べられるのではないか、と著者は推測する。狩りをする者たちは、狩られる側の表現に応えているに過ぎない。野生動物の中にそんなシステムがあるのではないか、と著者は考える。

文中にもあったのだけれど、多分、そんな考えを元に、友人である、あべ弘士さんと一緒に作ったのが、下の絵本。


竹田津 実, あべ 弘士
どうぶつさいばん ライオンのしごと

ここに書かれた野生動物の世界の仕組みにふむふむと思いつつ(専門的な事は分からないけれど、とにかく重篤な伝染病が流行らないというだけでも、何らかの上手いシステムが作動している感じがする)、とにかく写真をパラパラめくるだけでも、楽しい本。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/457-3ef95a73
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。