スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「三月は深き紅の淵を」/物語の中に潜り込むしあわせ

 2006-08-09-23:11
恩田 陸
三月は深き紅の淵を

これは一冊の本を巡る物語。
麦の海に沈む果実 」にも、この本の存在はちらっと出てきたよね。

それは赤い表紙の「三月は深き紅の淵を」という、謎めいた四部作の小説。

目次
第一章 待っている人々
第二章 出雲夜想曲
第三章 虹と雲と鳥と
第四章 回転木馬

四部作だという、「三月は深き紅の淵を」と同じく、この本もまた四部構成で語られる。

「待っている人々」は、過去、「三月は深き紅の淵を」を読み、もう十年以上もその本を探し続けている四人の老人たちの話。老人たちのうちの一人、金子が会長を務める会社の若手社員、鮫島巧一は、彼らが開く「三月のお茶会」に招かれる。

「三月は深き紅の淵を」は、とても特殊な本なのだという。私家版で著者名もないこの本は、配られる時に細かな条件が付けられた。一つ、作者の名を明かさない事、一つ、コピーを取らない事。そして友人に貸す場合、本を読ませていいのはたった一人、それもまた一晩のみ。二百部にも満たないその本は、半年程出回った後、作者の代理人を名乗る人物が回収に当たったのだという。

さて、四人の老人たちが語る所によると、「三月は深き紅の淵を」とはこんな本なのだという。

 第一部「黒と茶の幻想」             :副題「風の話」
 :四人の壮年の男女が旅をする話
 第二部「冬の湖」                 :副題「夜の話」
 :失踪した恋人を探す話
 第三部「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 :副題「血の話」
 :少女が生き別れになった腹違いの兄を探す話
 第四部「鳩笛」                   :副題「時の話」
 :小説家の頭の中に浮かんでくるイメージの話

彼ら四人の饒舌な語りが面白い章。彼らに圧倒されながらも、膨大な本が溢れる屋敷の中で、「三月は深き紅の淵を」を探すことになった、鮫島巧一と共にわくわくと読み進むことが出来る。白い熊のような犬、「役立たず」も好き。
ここで描かれる「三月は深き紅の淵を」の本の世界もまた、実に魅力的。さわりだからこそ興味を惹かれる、そそられる物語ってあるよね。予感は物語を魅力的にする。

「出雲夜想曲」は、二人の編集者の話。彼女たち二人は寝台列車で出雲に向かう。夜行列車で山陰へ。さて、忙しい編集者である彼女たちが、なぜこんな旅をすることになったのか? 「物語は物語自身のために存在する」を信条とし、物語を何よりも愛する編集者、朱音。隆子は彼女を誘って、「三月は深き紅の淵を」を巡る旅をする。果たして、隆子は「三月は深き紅の淵を」の作者を突き止めたのか?
この章でのおまけ(?)としては、「禁じられた楽園 」に出てきた烏山響一の絵が出てきます。微妙に繋がっているみたい。

「虹と雲と鳥と」は、亡くなった二人の女子高生を巡るお話。太陽と月のような関係だった、美しい彼女たちはなぜ死ななくてはならなかったのか? 章のタイトル、「虹と雲と鳥と」は、亡くなった美佐緒が残したノートのタイトルからとられている。美佐緒にノートを託された奈央子は、ある予感を持つ。

「回転木馬」は、「待っている人々」の中で語られる第四部のように、この「三月は深き紅の淵を」を書き始めようとしている誰かのお話。「麦の海に沈む果実 」のシーンが随所に挿入され、また最後には「黒と茶の幻想 」の一部が挿入される。

私が好きな恩田さんの描写、物語が始まる予感がいっぱい。
ぐるぐると回る物語に満足~、な一冊。

← こちらは文庫。単行本の方もそうだけど、この本を読むと、表紙に描かれた人物の絵にニヤリとしてしまう。
恩田 陸
三月は深き紅の淵を
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/453-8378d80f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。