スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「DEATH NOTE・1~3」/そのノートは生死を操る

 2006-09-06-23:45
     
大場 つぐみ, 小畑 健 「DEATH NOTE」
ジャンプ・コミックス

それは本来、死神が持つべき死のノート。そのノートに名前を書かれた者は、自分の持つ寿命に関わらず、死を迎えてしまうのだ。

さて、退屈な死神界に飽き飽きした死神リュークが、人間界にその死のノート、DEATH NOTEを持ち込んだ! リュークが落としたDEATH NOTEを手にしたのは、刑事局長を父に持つ、高校生・夜神月(やがみライト)。彼はDEATH NOTEを使って犯罪者を殺し、新しい世の中、より良い世の中の創世を目指す。

しかし、相次ぐ犯罪者の死に、何者かの存在、意志に気づくものも出現する。大量殺人者、「キラ」と名付けられた月(ライト)は、警察やFBIを向こうに回し、キラとしての戦いを続ける。

キラである月(ライト)が戦うのは、数々の難事件を解いてきたという「L」。「L」はそれまでのキラの行動から、キラが日本の関東地方にいることを特定し、月(ライト)の身に迫る!

息詰まるような月(ライト)とLの頭脳戦が続き、3巻では、月(ライト)の知らない第二のキラが出現する。第二のキラは月(ライト)の味方なのか、敵なのか? 謎を残しつつ、話は4巻へと進む。

より良い世の中を創る為と、殺人を肯定する月(ライト)と、殺人はあくまで殺人であると、それを認めないL。探偵役のLは基本的には善、殺人を犯す月(ライト)は悪なんだろうけれど、キラの存在による犯罪の抑止効果など、単純にそうとばかりは言えない展開になっている。

緻密に書き込まれた絵といい、ぎっしり詰まった内容といい、物語のテンポの良さといい、週刊連載されていたことに吃驚してしまう漫画(しかも、少年ジャンプ!)。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/435-aef5d30d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。