スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「DEATH NOTE・4~6」/ライトvs.L!

 2006-09-07-22:13

    ?? ?
大場 つぐみ, 小畑 健 「DEATH NOTE」
ジャンプ・コミックス


第二のキラは、人気モデル・ミサミサこと、弥海砂だった。人間界にあるデスノートは、ライトの持つ一冊だけではなかったのだ! 更にミサは、死神と「目の取引」をしたことにより、ライトにはない能力を手に入れていた。

キラに憧れたミサは、メディアを使ってキラに接触を試みる。Lに疑われている今、ノートを持つミサが派手に動き、ライトに接触を図ってくるのは、本来ライトにとっては迷惑千万なことであったが、ライトは何もかもをも利用する。

Lはライトを疑いつつも、警察と共同で動く、キラの捜査班にライトを招き入れる。二人の化かし合いが続く・・・。

1巻から3巻までを読んで 、この設定は凄いけど、このままだと単調だなぁ、と思っていたけど、物語はガンガン動いていく。息をもつかせぬ展開とはこういうこと?

ライトはLに疑われている事を逆手に取って、身の潔白を証明するために、自ら監禁されることを志願する。勿論、ライトにはライトの考えがあっての事。監禁の前に、デスノートを捨ててしまったライトは、何を狙う?

ついにはライトの監禁中に、ライトでもミサでもない、第三のキラが出現し、ライトをキラとするLの推理は覆る・・・。

デスノートの所有権を放棄すると、デスノートに関する記憶を失い、また、死神も見えなくなってしまう。個人的には、デスノートを捨ててしまった後、リンゴ大好き死神リュークの出番がなくなってしまったのが残念。このお話は、あの飄々として「面白!」と、何もかもを面白がるリュークがいてこそ、とも思うんだよね。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/433-85024deb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。