スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「作家の食卓」/食卓に見る作家たち

 2006-09-14-22:04

コロナブックス編集部
作家の食卓 

目次
作家の食卓
立原正秋/石川淳/永井荷風/壇一雄/円地文子/色川武大/森瑤子/寺山修司/
澁澤龍彦
(コメント 立原潮/石川活/永井永光/壇太郎/冨家素子/色川孝子/伊集院静/
加藤タキ/九條今日子/澁澤龍子)
好きな場所、愛した味
内田百?/織田作之助/谷崎潤一郎/白洲正子/吉田健一/池波正太郎/森茉莉/開高健
作家のおやつ
林芙美子/岡本太郎/獅子文六/吉行淳之介/宇野千代/山口瞳
食卓をめぐるエッセイ
食卓のポルトレ
ことばの御馳走帖
食いしん坊作家たちのアラカルト事典

料理に関する作家本人の小説や文章からの抜粋、ゆかりの料理の写真、それぞれゆかりの人々のコメントで構成される、満足、満腹の一冊(ゆかりの人によるコメントは、「作家の食卓」の章のみだけれど)。

色川武大さんちの、大きなクマのぬいぐるみとか(一体、ナぜ??)、「大きな体を伸ばしてくつろいだ、とっておきの場所」であるソファーなど、作家のプライベートが薄っすら透ける。色川さんの本は、このブログでは全然書いてないけど、沢山読んだ時期もあって、好きな作家さんなのです♪(それらの本は、実家なんです・・・)

食卓をめぐるエッセイ」では、「マドレーヌ菓子に蘇る<失われた時>」なども素敵。これ自体、有名なエピソードのようだけれど、マルセル・プルースト「失われた時を求めて」におけるマドレーヌ菓子のエピソードが紹介される。紅茶にひたしたマドレーヌを口に入れた時、忘れていた幼き日々があふれ出すように蘇る。匂いや音、記憶を連れ戻すものは数あれど、食による記憶は結構根強い。無条件に幸せになるメニューを沢山持ってる方が、何だか幸せに生きていけそう。あの長さに恐れをなして、一度も手にした事はないんだけど、「失われた時を求めて」にもちょっぴり興味が沸きました。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/427-4f3460ad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。