スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ブリスさん」/トールキン教授の絵本

 2006-09-27-22:31

J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 田中 明子
ブリスさん 

「サンタ・クロースからの手紙」 と同じ、評論社からの出版。「サンタ~」は落ち着いた緑、こちら「ブリスさん」は茶色の表紙。教授直筆の絵や文章で綴られる美しい本という点でも、「サンタ~」と「ブリスさん」は似た作りの絵本。

彼の名前は強いて訳せば、「しあわせさん」になるとのことなんだけど、ブリスさんはある日、銀一色の素敵な自転車に乗って、自動車を買いに行く。その車は、中も外も目も醒めるような黄色で、車輪は赤! (表紙の感じだと、「目の醒めるような」って感じでもないけどね)

さて、車を手に入れたブリスさんは、知り合いのドーキンズ兄弟を訪ねる事にした。しかし、自動車の運転に不慣れなブリスさんは、この先、珍道中を繰り広げる事になる。

まずは、手押し車一杯にキャベツを積み込んだデイおじさんを引っ掛け、次に荷車いっぱいのバナナをロバに引かせた、ナイトおばさんを引っ掛ける。こうして、ブリスさんの車には、デイおじさんにキャベツ、ナイトおばさんとバナナが乗り、更に車の後ろにはロバを繋ぐことになる。

でも、まだまだアクシデントは終わらない。森の中の道を通ったブリスさんが、次に会うのは、アーチィとテディとブルーノの三匹のクマ。クマたちは、バナナやキャベツ、ロバや自動車が欲しいというけれど・・・。

結局、全員でドーキンズ兄弟のところに行く事になったブリスさんたち御一行。勿論、その登場の仕方も、普通に玄関から「こんにちは」なんていうものではない。きれいな敷物の上でピクニックをしていた、ドーキンズ兄弟の上に、皆でドーーーン!

繰り広げられるドタバタ劇が面白い絵本。

ブリスさんが村の人たちに内緒で飼っている、キリンウサギも魅力的。
キリンのなが~い首を持つ、ウサギなのです。珍道中の最中には全く出てこないので、 最初に出てくるだけなのかなぁと思っていたら、最後には色々と重要な役割を果たしていました。いっちばーんラストの絵は、村の子供たちがキリンウサギの首にそれぞれ結わえた紐を持ち、メリーゴーランドのように楽しそうにぐるぐる回っている。それを見つめるブリスさんの心中は如何に?(大冒険の後の、穏やかな心地なのかしらん)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/415-3dc4cdb8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。