スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「森のフクロウ」/梟たちの居る森で

 2006-10-01-20:24
オンライン書店ビーケーワン:森のフクロウ
宮本 孝二
森のフクロウ―宮本孝二写真集
 神奈川新聞社

フクロウの顔って、滅多矢鱈と愛嬌がある。あのすっとぼけた表情に、くるりと回る首! 巷に溢れるグッズの多さも、人間のフクロウへの親しみを物語っているのかも(何せ、大抵のお土産屋には、フクロウ関係のものがあるような気がする)。

さてこれは、フクロウたちを探して森の中に分け入って撮影した、写真満載の写真集。

葉っぱの間から、達磨のような姿を見せるフクロウ、木と同化する擬態として、しゅっと細長くなってしまったフクロウ、こちらを振り返るフクロウ、番いのフクロウ、巣穴の中のフクロウ、幼い雛たち、それまでの静の姿とは一変、飛翔するフクロウ(案外、太い足なんだよね)、枝の上に乗り上げて、少々お疲れの様子の巣立ち直前の雛、親子の姿、などなど。お目目パッチリだったり、少々眠そうだったり、その様子もまた様々。

なかなか見られないフクロウの姿、堪能いたしました♪

フクロウは本来とても警戒心の強い動物。姿を見ることとて、決して容易ではない。こういった写真が撮れる様になるまでには、様々な苦労があったのだとか。同じ服装で森に入り、フクロウと顔を合わせた時には必ず手で合図を送る。まずは、フクロウに著者の姿を覚えてもらうことから始まったのだそう。

そのかいあってか、最後の方ではなんと、森に座る著者の直ぐ横で、著者と見詰め合うフクロウの雛や、著者の直ぐ近くに降り立つフクロウとのツーショットなどという写真が掲載されている(でも、このツーショットは誰が撮ったのだ??)。素敵な写真集でした。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/410-7004810f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。