スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「顔をなくした少年」/ 少年は呪われた

 2006-10-02-21:55
 
ルイス サッカー, Louis Sachar, 松井 光代
顔をなくした少年 
新風舎

デーヴィットは、最近、全くついてない。

二年生の時からの大親友スコットは、気付けばクラスの人気グループのロジャーたちに取り入っており、ある日突然、デーヴィットを邪魔にするようになった。ロジャーたちに「クールなやつ」と思われるために、スコットはことさらにデーヴィットを馬鹿にする。それを見たロジャーたちや、彼らにくっ付く一番人気の女の子達も、勿論デーヴィットを馬鹿にする。

おまけに、「友だち」だと信じて、ロジャーやスコットたちと、杖を盗みに入った、魔女と噂のベイフィールドさんの家で、スコットだけが呪いをかけられてしまう!

「おまえのドッペルゲンガーがおまえの魂を吸い上げてしまうだろう!」

ベイフィールドさんは、顔を盗む魔女との噂。居間の壁には、彼女がこれまで盗んだ顔がかかっているのだ。

さて、勿論、盗みなどしたくはなかった、デーヴィットの胸は痛む。ロッキングチェアを引き倒され、少年たちに振舞おうとしたレモネードを顔にかけられ、また投げ入れられた水差しで窓を割られてしまった、可哀想なおばあさん・・・。

ところが、デーヴィットの身に、ベイフィールドさんにした事と、全く同じ事が起こり始め、魔女の呪いは現実的なものとなる!一体、僕はどうなってしまうのだ? このままでは、本当に顔を失くしてしまうのか?

スコットという友だちを失くしたデーヴィットは、身近にいた友人に気付く。転校生で、いつも青いサングラスをしているラリー、口では決して負けない女の子、モー。彼らはクールではないし、どちらかというと、「ダサい」存在だけれども、クールなことって、本当に重要なこと?

呪いの事を気にしつつも、デーヴィットには気になる女の子もいる。「ハイ!ミス・ウィリアムズ」、「ハイ!ミスタ・バリンジャー」と挨拶をし合う女の子。まだファースト・ネームも知らないけれど、彼女もデーヴィットに好意を持ってくれているよう。でも、好きな女の子の前で、呪いによる無様な姿を晒したくはない!

ロジャーたちのデーヴィットへのいじめはどんどんエスカレートし、また「呪い」も一向に解かれる様子がない。デーヴィットを盲目的に尊敬していた弟、リッキーとの仲もどんどんおかしくなり、リッキーもまた痣などを作って帰ってくるようになる・・・。

さて、デーヴィットは、このまま本当に顔を失くしてしまうのか??
一生、魔女の呪いから逃れることは叶わないのか?

最後まで読み通すと、にやり、じんわり。

人気グループに付いて行こうと無理をしている子供たち、現在いじめられてしまっている子供たちに是非読んでもらいたい本。幸運にも、どちらの立場にないとしても、非常に面白い本。

☆関連過去記事:「
」/Stanley Yelnats ←こちらも抜群の面白さ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/409-a338c959
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。