スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「残響」/哀しい女たち

 2006-11-02-00:07
柴田 よしき
残響

杏子には、過去その場所で起こった物音が聞こえるという、特殊な能力がある。例えば、殺人現場に残された音、最期の会話・・・。彼女は自分が過去に囚われているから、過去からの声が聞こえるのだと考えている。過去、世の中を知らぬまま、流されるままに、暴力団の構成員と結婚し、家庭内暴力を経て、どうにか離婚に漕ぎ付けた彼女。杏子は負の感情を集めるアンテナにすぎないのか?

目次
呟き
来なかった、明日
薔薇の刻印
気泡
残響

「呟き」
警察の要請により、時効寸前の犯人が絡んだと思われる殺人事件の現場に呼ばれた杏子。警察の呼び出しは、彼女の元夫であり、暴力団員の石神を通した、卑怯ともいえるものだった。彼女が以前、この「過去の音が聞こえる」能力を発揮した時、彼女は石神と共にいた。これまでは石神と共にいる時にのみ、この能力が発揮されていたのだが・・・。石神という「恐怖」の原因が、彼女に過去の恐怖の声を呼び込むのか?
いつまでも石神の恐怖に囚われているわけにはいかない。葵咲枝という女刑事の友人も出来た杏子は、一つ成長する。

「来なかった、明日」
ジャズシンガーとしての仕事で、ピアニストの東海林と共に神戸を訪れた杏子。クラブのオープニングセレモニーとして、杏子と東海林の二人が東京から呼ばれたのだ。ところが、このクラブのオーナーには別の思惑があったようで・・・。
監禁された杏子は、哀しい男の頼みを聞くことになる。強制されたものだとはいえ、彼女は過去の「悲しい」、「恐怖」ではない声を聞く。彼女は既に負のアンテナであることから、抜け出していた。

「薔薇の刻印」
杏子が警察と最初に接触した時の刑事、九条は定年を目前に控えて、気になる事件を抱えていた。杏子は自分のこの能力をコントロールして、いつか葬り去るために、積極的に事件に関与する。
素直に物事を感じとろうとした彼女の心に現れたのは・・・。

「気泡」
杏子はどこからか彼女の能力の事を嗅ぎ付けた、ジャーナリストからの執拗な取材依頼に悩まされていた。一方、彼女の親友の刑事、葵は新しい恋が始まったことを杏子に告げるのだが・・・。
此度、彼女の耳に聞こえたのは気泡の音。炭酸飲料を飲まないという被害者の傍らに、なぜ炭酸飲料の缶が残されていたのか。杏子にとっても、親友・葵にとっても苦い話。

「残響」
不甲斐ない男に騙された美奈と理香。理香と同棲していたにも関わらず、佑二は美奈とも付き合っていたのだ。二人を騙して、金を巻き上げつつ・・・。佑二が殺され、美奈を疑った理香は、警察に訴える。ところが、美奈は拘置所で自殺してしまい、良心の呵責に苦しめられた理香は、杏子の能力のことを聞きつけ、杏子の協力を強請る。
立ち現れた黒い悪意、殺意。杏子は残響のアンテナであり続けることから決別するが・・・。
そして、最後に彼女が自分の部屋で聞いた声は・・・。その声がいうとおり、彼女はもう縛られる事はない。彼女は自由だ。

当初は弁当屋のアルバイトと二足の草鞋を履いていたシンガーとしての仕事も、話が進むにつれ、どんどん活躍の場が広がっていく。彼女の心が溶かされるのと並行して、彼女の歌もまた花開く。ピアニスト東海林への淡い恋は、彼が妻子持ちのため叶わないのだろうけれど、杏子はそれでも前向きに生きていく事が出来るようになる。

DVやヤクザ、同性愛が出てくるとはいえ、柴田よしきさんにしては、爽やかに読めちゃう本かな。

警察モノでありながら、クスリ、レイプ、ヤクザ、同性愛(同性愛をこれらの中に入れるのはおかしいかもしれないけど、何ともハードなやつなのですよ)、不倫、暴力何でもござれの、RIKOシリーズからすれば、大分大人しいかも。RIKOシリーズは長らく二作を読んだのみだったんだけど、図書館にあるみたいだし、ここらで三作目を読んでケリをつけましょうかね~。

 ← 文庫だとまたイメージが違いますね
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/390-79916e08
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。