スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ブラッドベリがやってくる」/ブラッドベリの作り方

 2006-11-03-20:23
オンライン書店ビーケーワン:ブラッドベリがやってくる ?

レイ ブラッドベリ, Ray Bradbury, 小川 高義

ブラッドベリがやってくる―小説の愉快
晶文社

SFとファンタジーの巨匠である、レイ・ブラッドベリ。

この本は譬えていうなら、ブラッドベリおじさんが、例えば親戚の若い男の子などに、その創造性の秘密をそっと教えてくれるような本。レイ・ブラッドベリの溢れる創造性の秘密とは?

目次
生命の木にのぼり、自分に石をぶつけ
骨も折らず、魂もくじけずに
また降りてくる法
本文にくらべて
さほど長くもないタイトルのついた序文

書くことの喜び

速く走る、ぴったり止まる
あるいは階段の上のもの
あるいは古い精神に発する新しいお化け

いかにして詩神を居着かせるか

酔っぱらい、自転車一台所持

10セント玉の投資―『華氏451度』

ビザンチズムとまで行かずとも―『たんぽぽのお酒』

ロボット博物館の黄昏

秘密の精神

禅と小説

創造性について

訳者あとがき

それは小説であったり、お芝居であったり、共通するのは「物語」を物語ることの秘訣であること。

レイ・ブラッドベリの小説は、しばしば郷愁溢れるものであると評されるけれど、それもそのはず、彼の中には少年の時に心に残ったものがそっくりそのまま残され、それが更に熟成されて芳香を放っていたのだ。無意識の中から紡ぎだされる物語。そう、後はそこから、如何に新鮮なまま物語を汲み出すか、ということ。

恃むべきは自分であり、オリジナルの物語こそが全て。
勿論、物語を書くための修練は必要であるけれど・・・。

どのような世界観を持つか。自分がプリズムだと思って、世界の光を測ること。光は精神を通過して燃え、どこの誰とも違ったスペクトル分析の図柄を、白紙に描きだすだろう。
自分を貫いて世界が燃えるようにする。白熱したプリズム光を紙の上に投げる。自分だけの個性あるスペクトル図形を描く。
そうすれば、新しい元素となった自分が、発見され、図表に載って、名前をつけられる。
(p157 「禅と小説」より引用)

物語ることに対する熱情溢れる文章なので、それに当てられ、小説家志望でもないくせに、うっかり「小説家って素敵♪」などと思ってしまいます。笑 ま、自分は勿論、「読む」側に過ぎないので、これからも色々な個性あるスペクトル図形を、うっとりと眺めたいものだと思います。

*臙脂色の文字の部分は、本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/389-043ca4a4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。