スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「錦絵双花伝」/虚と実とそして・・・

 2006-12-28-00:11
米村 圭伍
錦絵双花伝

風流冷飯伝 」、「退屈姫君伝 」の米村さん、長編三作目がこの「錦絵双花伝」とのことだったので、借りてきたんですが、私はまたやってしまいましたよ。関連はしているものの、シリーズとしては退屈姫君伝とは違う時間軸で時間が流れているみたい。「退屈姫君伝」シリーズを読みたければ、そのまま素直に「退屈姫君 海を渡る」にいっちゃって良かったようデス。それはさておき、こちらの本の感想をば。

目次
序幕 薄墨
二幕目 笠森お仙
三幕目 柳屋お藤
四幕目 鈴木春信
五幕目 大田直次郎
六幕目 むささび五兵衛
七幕目 怪光
八幕目 変化
九幕目 飛翔
十幕目 熊野行
十一幕目 父娘
十二幕目 嫁入

「風流冷飯伝」、「退屈姫君伝」を読んで、この作家さんは沢山の知識を持っていながら、物語を語る上ではそれを贅沢にざばざばと捨てているんだなぁ、と思っていた。で、そういった知識をきっちり使ったらどうなるのかなぁ、と思っていたんだけど、私の印象で言えば、それがこちらの「錦絵双花伝」。それらの知識を殆ど余すことなく用い、実在の人物、出来事と虚の部分を非常に巧みに絡めたストーリー。ただし、その分、退屈姫君伝などで見られた、あっけらかんとした呑気な雰囲気は随分と陰を顰めている。

これは、お江戸美少女旋風の話であり、とりかへばや物語でもあるんだけど、物語の内容としては、いっそ陰惨とも言える。田沼意次による藩の取り潰しにしても、「退屈姫君伝」の中で描かれるそれは、めだか姫や風見藩の人々の呑気さによるものなのか、身体の危機に迫るものではない。悪人の血は流れるけれど、大半の良い人々は良い人々のまま。悪人を悪人として、ある意味紋切り型に描く「退屈姫君伝」よりも、悪人側の事情が描かれる事で、また遣り切れなさが募るのかも。ほとんど愚かともいえる何とも哀れな女や、因果が巡る様も描かれるしねえ。その辺を考えると、ちょっとしみじみ。

「退屈姫君伝」ではお馴染みの、くの一の真っくろ黒助のお仙。そういえばお仙の父、むささび五兵衛が営む茶屋は笠森にあったわけだけど、でもでも、それが鈴木晴信の美人画「笠森お仙」のモデルだなんてー。もう一つの「花」、つまり双花の片割れは、これまた美人画に描かれた、柳屋お藤なのであります。このお藤はそばかすを除けば、なぜかお仙にそっくりで・・・。取り潰しにあった藩の武家の娘であるお藤と、熊野の山奥で育ったくの一のお仙に果たして何の関係が?
というわけで、これは錦絵に咲いた双つの花、お仙とお藤の物語。

小さい頃を知っていた女の子が美人に育つのは嬉しいもので、その辺はちょっと嬉しく読んだんだけど、内容は結構ハード。実際に合った出来事を盛り込みつつ、終盤は伝奇小説的な要素まで絡んでくる。ある一点を除けば、納まるべきところに納まったんだろうけど、その一点のその後についても気になるなぁ。あ、倉知の旦那は珍しく頑張ってます。

好きか嫌いかで言えば、やっぱり「退屈姫君伝」シリーズの呑気な雰囲気が好きだけど、ま、たまにはこういうのもいいかな、と思った。そういえば、田沼時代を舞台にした時代物としては、この他にも、池波正太郎「剣客商売」、諸田玲子「お鳥見女房」なんかもあるわけで、この時代は小説にし易い時代であったのかなぁ。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/349-5c574416
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。