スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「狐弟子」/人間は、結構ズルい

 2007-01-10-21:52
?
森福 都
狐弟子 ?

ズルかったり、せこかったり、愚かだと分かっていても色香にくらくらしたり、はたまた愛しい相手に憎まれ口をきいてみたり、実際に生きている人間なんてそんなもの。でも、そんな中にも、純な心や思いやりが時に隠れていたりもする。それは、老若男女を問わぬものであるし、場合によっては人ならぬ身のものでさえも・・・。

現代にあっては、それらの人間の特徴は、鼻白むものでもあるかもしれねども、舞台は中国唐代の長安や洛陽。怪異、怪奇が程よく混じって、魅力的な奇譚集となった。

目次
鳩胸(きゅうきょう)
雲鬢(うんびん)
股肉(こにく)
狐弟子(きつねでし)
石榴缶(せきりゅうかん)
碧眼視鬼(へきがんしき)
鏡像趙美人(きょうぞうちょうびじん)

「雲鬢」
髪結いにして盗賊である丹桂が初めて想った女、芸妓の季玉が、前途洋々たる新進士様、思安に嫁ぐのだという。芸妓が科挙に合格した進士に嫁ぐなど、例にないことではあるが、思安は道を踏み外した彼を支え、正道に戻した季玉の恩を、彼女を娶る事で報いようというのだ。
さて、思安の昔の悪い仲間たちの話から、偶然、季玉の危機を知った丹桂は、彼女を救い出すが、巻毛であったはず季玉の長い髪は、清水のように真っ直ぐな髪に変わっていた。「あんた、いったい何者だ」。
でも、ここから更に一ひねり! 最後を読んでうーん、となる。

「狐弟子」
洛陽城中の敦化坊は全真寺なる破れ寺に、狐の化身と名高い毛潜と名乗る老人が住み着いていた。境内にある楡の大木の虚は狐の村に通じていて、その村の一等地には毛潜の豪邸があるとの専らの噂。
さて、毛老人の元に、孝児と名乗る痩せこけた少年が、狐になりたいと弟子入りを志願する。毛老人はいいように孝児をこき使うのであるが・・・。
狐になりたいと真摯に願う孝児に、柄にもなく同情する毛老人とは反比例するように、逞しくなっていく孝児がいいんだ。毛老人もいうように、孝児は既に、なかなかどうして立派な子狐ではありませぬか。

「石榴缶」
幽鬼を腹の中に取り込んだという、蘭圭少年。彼は見目の良い姉、瑞芳と組んでの卜占を生業としていた。零落寸前の医家の息子、恒之は、偶然にこの姉弟と知り合い、成り行きで武后の実母、栄国夫人の元に、頭痛を治す名医として父を送り出す事になる。
実を言えば、蘭圭に取り付いた幽鬼は、彼が恒之に話したような非力なものではなかった(なんてったって、彼自身が幽鬼だったのだから!)。そしてまた、卜占によって幽鬼が手を出しても出さなくても、人の運命の大きな流れは変わらない。それはもう決まっていることなのだから。しかしながら、端から眺めただけの運命の浮沈に、当人が感じる幸福の度合いは必ずしも左右されない。幽鬼は人間に、長い時の中の極点ではなく、須臾の間に幾度でも幸福を感じる才を請い願う。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/339-c065f3e2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。