スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「村田エフェンディ滞土録」/私と、私に連なる者たち

 2007-01-14-22:54
梨木 香歩
村田エフェンディ滞土録

目次
一 鸚鵡
二 驢馬
三 ヨークシャ・プディング
四 神々の墓場
五 アジの塩焼き
六 羅馬硝子(ローマガラス)
七 ニワトリ
八 雑踏の熊と壁の牡牛
九 醤油
十 馬
十一 狐
十二 雪の日
十三 山犬
十四 大市場(カパル・チャルシュ)
十五 まつろわぬ足の指
十六 博物館
十七 火の竜
十八 日本

「Disce gaudere」ディスケ・ガウデーレ(楽しむことを学べ
ムハンマドが通りで拾ってきた鸚鵡は、土耳古(トルコ)の下宿屋の食堂で叫ぶ。

さて、タイトルにあるエフェンディとは、学問を修めた人物に対する一種の敬称。よって、タイトルの村田エフェンディとは村田「先生」という程の意味で、家政を司る土耳古人のムハンマドは、下宿人のことを「エフェンディ」と呼ぶ。下宿人とは、質実剛健な独逸人の考古学者、オットー、発掘物の調査に当たる研究家であり、端正な美男で時に哲学者のようでもある、ビザンツの末裔だという、希臘人のディミトリス、それに日本人の留学生で、考古学を学ぶ村田。マルモラ海への眺望が素晴らしいというこの屋敷には、彼ら三人の学者と、英国人でこの下宿屋の主人であるディクソン夫人、土耳古人のムハンマドが住む。

信仰する神も違えば、民族も異なるこの人々と、日本人村田は友情を育んでいく。最後の村田の言葉を借りれば、「私は彼らに連なる者であり、彼らはまた、私に連なる者達であった。彼らは、全ての主義主張を越え、民族をも越え、なお、遙かに、かけがえのない友垣」となった。

また、「
家守綺譚 」ではないけれども、この屋敷にも様々なものが「出る」。払い下げられた遺物を建築資材とすることが珍しくもないこの街で、この屋敷もまた様々な神々の祭壇で出来ていたのだ。今はもう誰も拝まなくなった、名もない神たち。屋敷の壁には、そこで立つ事が習い性になっているビザンティンの衛兵がぼんやりと立ち、村田の部屋の壁には様々に形を変えるものや、牛の角がぼうっと浮かび上がり、波斯(ペルシア)から土耳古に入る途中、匪賊に襲われた木下から稲荷の札を貰って帰れば、ざわざわとざわめいた後に、これまで居た牛の角や羊の角などと三者がしんみりと語り合っているようでもある。

村田が日本に帰ることになった時に見た夢は、こんな夢。

巨大な牡牛と、キツネに山犬、アオサギに牡羊が、透明な炎を纏っているイモリのような小さな火の竜を真ん中にして、横になりくつろいでいた。それを横目で見ながら、私はアレキサンダー大王に向かい、気心が知れるまでの間なのだ、若しくは全く気心が知れぬと諦めるまでの間なのだ、殺戮には及ばぬのだ、亜細亜と希臘世界をつなげたいと思ったのだろうが、もう既に最初から繋がっているのだ、見ろ、と懸命に説いている。

個別には「連なる者」となった彼らであり、土耳古の未来のために、懸命に働くものたちもいるのだけれど、村田が土耳古を去った後、事態は悪いほうへと進んでいく。ラスト、ディクソン夫人の手紙が知らせる事実は、あまりに切なく、哀しい。

人間は過ちを繰り返すもの。そして、人の世は成熟し、退廃する。人はそれを繰り返していくだけなのだろうか。しかしながら、繰り返す事で学ぶ事もある。繰り返した事は、全く同じでは有り得ない。それはきっと新しい型。「人が繰り返さなくなったとき、それは全ての終焉です」。

歴史とは物に籠る気配や思いの集積でもある。村田たちの友情も、何かに籠り、国境を知らない大地のどこかに、密やかに眠るだろう。

そして、日本に住む村田の手元に戻ってきたのは、絶妙なタイミングで、絶妙な言葉を叫ぶ、あの鸚鵡・・・。友よ!」
ちなみに、この村田は、家守綺譚」で綿貫と時折手紙のやり取りをしていた、あの村田であり、日本へ急遽帰る事になった村田は、綿貫の家を下宿先とし、高堂とも出会います。

本当に好きな言葉が沢山ある本だったのだけれど、西洋の合理的、明晰な論理性を叩き切る、シモーヌの言葉も良かったです。

そういう世界、知らなくもないけど。あまりにも幼稚だわ。分かることだけきちんとお片付けしましょう、あとの膨大な闇はないことにしましょう、という、そういうことよ。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。

あまりに感銘を受けたので、思わず色々メモしてしまいました。
→「
村田エフェンディ滞土録」覚書
←文庫化もされています。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/336-0507b495
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。