スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「うそうそ」/若だんな、箱根で湯治・・・・のはずが?

 2007-01-29-22:42
畠中 恵
うそうそ

「しゃばけ」シリーズ、第五弾。此度、わたくし、図書館で本を借りる悲哀というか、予約システムの悲哀を思い知りましたよ。「しゃばけ 」、「ぬしさまへ 」と、シリーズのはじめの二冊は読んでいたものの、間が抜けたまま、この「うそうそ」が私の手元に来ちゃったのです。間を買おうか迷ったのですが、そのまま、えいやで読んじまいました。

そのせいかどうか、今回はちょっと楽しめなかった・・・。表紙絵は相変わらずの可愛らしさなんですが・・・。珍しくも、少々辛口で行きます。
ある夜、若だんなは揺れとと共に不思議な声を聴く。その声は複数であり、若だんなが邪魔であることを告げる怪しい声、若だんなが死んでしまうと心配する声、若だんなが持っているはずの物を狙う声、そしてお終いには悲しそうな女の子の泣き声・・・。これらの声は一体何を意味しているのか?

さて、江戸ではその後も地震が頻発し、一太郎は籠がぶつかって、軽いとはいえ怪我をする。若だんなの身を心配した母は、稲荷神のご神託もあって、一太郎の湯治を発案する。庭の稲荷神様が言う事には、ゆっくり湯に浸かって養生したら、若だんなも人並みに丈夫になれるかもしれないというのだ。

ところが、この旅は最初から波乱含み。店の横の堀から船に乗って、薬種問屋・長崎屋所蔵の常盤丸に乗り換え、小田原までは海路を行き、後は箱根まで駕籠で行く。たったこれだけのはずだったのに、若だんなの傍を離れた事のない二人の兄やたち、仁吉、佐助が逃げる場所もない海の上、常盤丸の中から忽然と姿を消す。若だんなは兄の松之助と共に、旅を続け、目的地である塔ノ沢の一の湯へと何とか辿り着くのであるが・・・・。

そこで待っていたのは、ゆったりと過ごせる湯治三昧の日々などではなく、手始めに、宿から侍達に攫われた若だんなと松之助の二人は、次には天狗の襲撃を受ける。一体なぜ? そして、突然現れた佐助は、一体何をしていたのか?

ところで、箱根の芦ノ湖には龍神が、神山には父神がいるのだという。かつて、人々は龍神の怒りをおさえるために、芦ノ湖に生け贄を捧げた。そしてある年、人々は身寄りのない、神と人の女との間に生まれた娘を生け贄にした。その行いは、当然、神の怒りに触れ、山は凄まじい勢いで噴火し、芦ノ湖の半分を埋めたのだという。

助けられた姫神の思い、姫神の御守である天狗の思い、若だんなの丈夫になりたいという願い、箱根の雲助、新龍の秘密、新龍のかつての同僚、勝之進、孫右衛門の思い・・・。それぞれが「うそうそと」入り乱れる。

沢山の登場人物がいて、みな其々の思いがあるのだけれど、それらが随分と散漫な印象を受ける。また、ずーっと引っ張る一つのメインの悩みには、どうも共感が出来ない。「しゃばけシリーズ」のいいところの一つは、のほほんと明るい雰囲気に、前向きな姿勢だと思うんだけれど、このメインの悩みのせいで、その辺りが薄れているように思う。ああ、しかし、この後も、彼女、メインのキャラになっちゃうんですかね・・・・。今後は彼女も進歩していることを願います。

ところで、塔ノ沢には実際、「一の湯」があるんですが、あそこってそんな昔からあるもんなんでしょうか・・・。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/324-751c638b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。