スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」/緻密で美しいその世界

 2007-02-01-22:20
オンライン書店ビーケーワン:イメージの魔術師エロール・ル・カイン

エロール・ル・カイン

イメージの魔術師 エロール・ル・カイン 

さくらももこさんの「
憧れのまほうつかい 」を読んで以来、ずーっと気になっていたエロール・ル・カイン。こんな本を見つけました。?

まさに「イメージの魔術師」という言葉が相応しいエロール・ル・カインが描き出す世界は、緻密で実に美しい。東洋的とも西洋的とも言い切れない、複雑な要素を含んだ絵柄。表紙にあるようなどこかユーモラスなその表情が、また楽しい。

エロール・ル・カインが題材としたのは、古今東西を問わない、様々なジャンルのお話。それも絵本だけではなく、アニメーションまでも。細部まで拘り抜くのは、絵本であっても、アニメーションであっても、変わらない姿勢だったそう。

今回は、自分のためにも、画像が出て、自分が気になったものについては、ガシガシと画像を貼っちゃいます。もう、綺麗なんだ、これが。
オンライン書店ビーケーワン:いばらひめ オンライン書店ビーケーワン:雪の女王 オンライン書店ビーケーワン:フォックスおくさまのむこえらび オンライン書店ビーケーワン:ね,うし,とら……十二支のはなし オンライン書店ビーケーワン:アラジンと魔法のランプオンライン書店ビーケーワン:キャベツ姫 オンライン書店ビーケーワン:まほうつかいのむすめ オンライン書店ビーケーワン:キャッツ オンライン書店ビーケーワン:魔術師キャッツ

「キャッツ」は絶対探そうっと(ミュージカルは見たんだけどね)。しかも、これ、田村隆一さんが訳者だったのですね。知らなんだ。

さて、シンガポールで生まれたエロール・ル・カインは、一歳のときに日本軍の侵攻から逃れて、インドに渡ったそうだ。彼の幼年期の記憶は、デリーやアグラのこと、砂嵐やふりそそぐヒョウ、町の匂いによって形作られ、「学校への通学路にあった古い建物」であるタージ・マハルの記憶もあった。混沌としているのに、インドには緻密で美しい建築美がある。最近、インドも気になるですよ。

目次
? おとぎばなしの語り手
? アニメーション作家
? イメージの魔術師
? ル・カイン47年の軌跡
[寄稿] ル・カイン―メルヘン絵本にイラストレーターとしての特徴を探る
吉田新一
たぐいまれな才能
リチャード・ウィリアムズ
現代の魔法使いマーリン
イアン・キール
ル・カイン賛歌
田村隆一
エロール・ル・カイン―その生涯と作品
ペニー・シブソン


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/320-1601837f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。