スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「まろ、ん?―大掴源氏物語」/早分かり源氏物語

 2007-02-14-23:00
小泉 吉宏
まろ、ん?―大掴源氏物語

言わずと知れた紫式部による長編「源氏物語」を、大掴みに解っちゃいましょうという、ある意味での企画本。

公達と言えば「まろ」。というわけで、比類なき美貌を持つという光の君が、このマンガでは直衣を着た栗(まろん)になってます。光源氏の所業については、色々と思う所もあるんだけど、このぼーっとした「栗」で読むと、何だか仕方ないかなぁ、と思えてしまう。

五十四帖ある「源氏物語」の一つの帖(エピソード)は、現代の本にすると、5、6頁のものもあれば、100頁を超える長編もあるのだという。それらの帖を長いものも、短いものも全て、この本では一帖を見開き二頁で表現している。ながーい「源氏物語」も、ざっくりざくざく読めちゃいますよ、というのがこの本の売り。

第一部は光源氏の誕生から栄華へ向かっていくまで、第二部は中年になった光源氏の栄華、第三部は光源氏の死後、源氏の孫達とそれを取り巻く女性達のお話(というこの分け方が、そもそも通説であるらしい)。

私は源氏が身罷るまでしか現代語訳では読んでいない。だから、第一部、第二部は自分の中で補完して読めるんだけど、第三部辺りは流石に二頁ではちょっと辛かったかも。一応、分かり易さのために、女三宮と柏木(源氏のライバル、かつての頭中将の息子)との間の不義の子、薫は同じ豆系の顔、源氏と葵の子、夕霧は栗系の顔(あ、源氏の兄にあたる朱雀院も栗)と区別をつけてあるんだけど、何せ姻戚関係が入り組んでるもんだから、識別するのも結構大変。特に女性! これも、一応姻戚関係で、描き分けがされているんだけどね・・・。栗や豆を使った男性陣に比べ、女性陣はちゃんと人間だしなぁ。あ、末摘花は原文中の通りになってるけど(象のような鼻は紅く、とてつもなく長い顔)。

良かったところは、ところどころにあるスパンで「源氏物語に登場する官位表」というのが載せられていて、一目で光源氏と頭中将(これも役職ですが)や、孫たちの官位が解るところ。こういうのって目で見れば一発だけど、これまであんまり見たことなくって。

何かと出家しようとする源氏(とはいえ、俗世に未練たらたらで出家出来ず)を描いたり、「まろ 紫のご機嫌をとる」(若菜・上)では、「秘め事が知れたら 恋人や妻を苦しめるというのに それを告白することが誠実なことだと思っている人がいる。だがそれは自分の罪悪感から解放されたいと思っているだけだ。つまり甘えているだけである」という文の下には、「言ってよかったあ・・・紫ならわかってくれる」とほっと一息つくまろが描かれていたり、光源氏「まろ」に対する見方は結構厳しい。全くその通りだし、現代の感覚で見れば、私だって光源氏に対する思いは色々あるわけだけれど、この長い物語を紫式部はどんな思いで書いたのだろう。都を知らない地方豪族の娘などは、宮中の風俗を楽しみ、また都にあっても殆ど人に会うこともない深窓の姫君なども、わくわくとこの物語を読んだのかなぁ。ある意味では宮中の貴きところのガイド本でもあったのかしらん。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたらご連絡下さい。
コメント
つなさん、こんにちは!
ちょっぴりご無沙汰してしまいましたー。
カルヴィーノの「魔法の庭」を近いうちに読みたいので
また読んだらトラックバックさせていただこう~とか
色々思ってたりはするのですが。(^^ゞ

で、「まろ、ん?」。
確かにあの栗顔は憎めないですよね。(笑)
あんな男が現代にいたら、たとえ物凄くかっこよくても
近づきたいとは思いませんが
そういう面もあの時代の価値観だったりするんでしょうね。
自分の感想に書き忘れたんですけど
紫式部ってなんだか男っぽいような気がしません?
女性の世界に詳しいのは確かなんですけど
どうも嗜好回路が男性っぽいような気がして仕方ないです。
それもやっぱり当時の価値観の表れかもしれませんが~。
【2008/08/29 17:22】 | 四季 #Mo0CQuQg | [edit]
こちらこそ、ご無沙汰してまして。
本を読む軌道(?)のようなものって、近づいたり離れたり、面白いものですねえ。
わー、四季さんの「魔法の庭」記事読みたい!
良かったのに、私はその良さを忘れかけながら書いちゃったので。
という私は、「ヴァン・ショーをあなたに」をトラバしようと思ってました。笑

ええ、人間の男だと思うと許せないけど、ま、栗だし、と思うと許せますね。笑 キャラ設定がうまいですよねー。
あの時代にバリバリ働いていた人たちって、結構男っぽかったのかもしれませんね。
しかも、それぞれ守るべき高貴な女人を抱えてたわけだし。
トラバ返し、ありがとうございました~。

【2008/08/31 23:06】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/313-ff4c743c
【2008/08/29 17:09】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。